死にゆく人をただ見るしかできない傍観者の恐怖!「Alien: Blackout」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


死にゆく人をただ見るしかできない傍観者の恐怖!「Alien: Blackout」

[投稿日:

「怖い」という感想を抱くのはもっぱら被害者だと思いがちだけど、実はまったく傍観者であっても、傍観者なりの「怖さ」というのがある。

それを描いた傑作小説がジャック・ケッチャムの「隣の家の少女」で、アレはクレイジー毒親に虐待される想い人を、何もできずにただ傍観者として見殺しにしてしまう恐怖を描いていた。

で、そんな傍観者の恐怖をゲームでも味わえるのが「Alien: Blackout」だ。

目次

ココがWuah!「Alien: Blackout」の魅力は何もできずに見るしかできない傍観者の恐怖

image

「Alien: Blackout」は映画「エイリアン」と「エイリアン2」の間を描いた作品で、すでにリリースされているゲーム「Alien: Isolation」の続編でもある。

主人公は、映画でシガニーウィーバーが演じたリプリーの娘アマンダ

プレイヤーはアマンダとして、宇宙ステーションの取り残されたスタッフとともに脱出をはかる。

image

で、その脱出劇。実際に探索したり移動したりするのはスタッフたちであり、アマンダは指示を出す役目。

なので、エイリアンに襲われるのも基本はスタッフたちだ。

ここの表現が非常に見事。

指示出しが悪ければスタッフは犠牲に!マジで死んじゃうデスマーチ

image

ゲーム的にプレイヤー行うことは、マップを見ながらスタッフ達に移動先を指示すること。

もちろんマップ内にはエイリアン(ゼノモーフ)がいる。そして、どこにいるかは大体しかわからない

カメラの撮影範囲内か、動体センサーの検知範囲内に入った時しか居場所を掴めないからだ。

一応シャッターを閉めるなどしてエイリアの襲撃を防げるものの、完全にルートを遮断できるわけじゃない

なので、プレイヤーの采配が悪いとスタッフは1人、また1人と死んでいくことになる

image

アマンダ=プレイヤーに呪詛の言葉を吐きながら

自分の無力によって人を死なせ、呪詛を浴びながらただ見ているしかない。何もできないこの恐怖こそ、まさしく傍観者の恐怖!

アマンダ=プレイヤーも安全なわけじゃない!死の恐怖を味わえる

image

ちなみにアマンダは探索こそしないものの、1人安全地帯にいるというわけじゃない。

なので、完全に傍観者というわけではなく、エイリアンの襲撃によって死ぬこともある。

傍観者として被害者に同情していたら、い自分も…的な怖さが味わえるってわけ。

この辺り、本作はよくできているなーと感じた。

基本情報

タイトル

Alien: Blackout

デベロッパー

D3 Go!

配信会社

D3 Go!

対応ハード

iOS/Android

価格

600円

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Alien】 【サバイバルホラー】

この記事の関連記事

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日 ]

敵の位置を把握できることで掻き立てられる恐怖!鬼ごっこ系サバイバルホラー「ルーンの瞳」

[投稿日 ]

物音をたてたら確実に現れる!ババアの恐怖に怯えながら探索する「Granny」

[投稿日 ]

スマホ最恐認定!超スピードで迫りくるクリーチャーから逃げつつ探索するサバイバルホラー「Halls Of Madness」

[投稿日 ]

人類は終わろうとしているのか?これからなのか?ゾンビと共に日々を生活するサバイバルアクション「ライフアフター」

[投稿日 ]

閉鎖された豪華客船に現れる水棲クリーチャーの恐怖を描いた屈指の傑作!「バイオハザード リベレーションズ」

[投稿日 ]

何が正解か?生き残るため、自分の頭で最善を探す不安感が恐怖に繋がる「SKYHILL」

[投稿日 ]

子どもの頃の夜の怖さを思い出させるナンバリング最終作!「Five Nights at Freddy's 4」

[投稿日 ]

ピザ屋は潰れた!今度はホラーアトラクションの警備に挑戦だ!「Five Nights at Freddy's3」

[投稿日 ]

「Five Nights At Freddy’s」がVRへ! 「Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted」が発表

[投稿日 ]

廃墟となった療養所で一人称視点で追いかけまわされる恐怖!「Lost Within」

[投稿日 ]

オルゴールで緊張感アップ!ピザ屋の夜間警備ゲーム第二作「Five Nights at Freddy's2」

[投稿日 ]

「LINEクリエイターズスタンプ」に「BIOHAZARD RE:2」登場

[投稿日 ]

わかっていてもやっぱりビビる!そして怖い!ピザ屋の夜間警備ゲーム「Five Nights at Freddy's」

[投稿日 ]

セクシー殺人鬼とお近づきになりたい!いや逃げたい!裏腹アンビヴァレンツな良作サバイバルホラー「The Coma: Cutting Class」

[投稿日 ]

孤独と寒さの中静かに迫りくる死の恐怖!「Distrust」

[投稿日 ]

その場所を味わうのが怖い!今振り返る「バイオハザード7 レジデントイービル」の怖さとVRホラー

[投稿日 ]

「バイオハザード RE:2」オリジナル・サウンドトラック配信開始!

[投稿日 ]

行きも怖いし戻るのはさらに怖い!「BIOHAZARD RE:2 Z Version」

[投稿日 ]

全世界累計出荷本数10万本超!「死印」がコミカライズ

[投稿日 ]


上に戻る