行きも怖いし戻るのはさらに怖い!「BIOHAZARD RE:2 Z Version」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


行きも怖いし戻るのはさらに怖い!「BIOHAZARD RE:2 Z Version」

[投稿日:

image

出典元:「BIOHAZARD RE:2 Z Version」(以下同様)

ココがWuah!「BIOHAZARD RE:2 Z Version」イチオシの魅力は、引き返す怖さ

「バイオハザードRe2」の魅力は、引き返す怖さにある。

謎を解くために警察署を移動し、時には一度立ち寄った場所に戻らなければならない。

しかしそこには、弾丸を節約するためあえて倒さなかったゾンビが…。撃って倒したはずなのに再び起き上がったゾンビが…さらには新たに出現した敵が…いるかもしれないのだ。

しかも、一度訪れた場所には弾薬も回復アイテムもない。自分が取っちゃったからね!

かといって先に進むのも怖い!行きも帰りも超怖い!!

それがバイオハザードなのだ。

目次

戻った場所にゾンビがいる…かもしれない怖さ

image

本作が怖いのはReエンジンによるハイクオリティなグラフッィク。

けど、もちろんそれだけじゃあない。

本作はメトロヴァニアスタイルと呼ばれるゲームジャンルを巧妙に活用して恐怖を作り出している。

メトロヴァニアスタイルとは、探索しアイテムを入手することで行動範囲が広がっていくスタイル。

道中にはアイテム未入手の状態では通れない道や解けない謎が転がっており、これらの場所にはゲームが進んでから戻ることになるのだ。

ここにインパクトを持つのが本作のゾンビ!

image

バイオハザードのゾンビは倒れて死亡すると大量の血液が流れる。これがトドメの合図で、トドメを刺されたゾンビは2度と動かない。

しかし本作は、この血が流れる演出をあえてカットした!このため、ゾンビが完全に動かなくなったのか、一時的に動かないだけなのかわからない。

こうしたゲームの作りが、本作の恐怖を生みだしているのだ。

また、冒頭の作りも丁寧。

トレーラーを運転しながらラジオを聴く運転手。

ラジオで流れるのはゾンビらしき存在に遭遇した男の相談。でも、ラジオのパーソナリティはその相談を冗談だと決めつけ取り合わない。

この光景は「災害なんて起きるわけがない」と思い込む我々の日常と地続きだ。

image

しかし、そこからトレーラーの運転手が事故を引き起こし、これがきっかけにゾンビの恐怖が現実のものとして立ち上がってくる…。

実に自然に物語世界の引き込む!だからこそ、作中の恐怖もまた、自然なものとして実感できるのだ。

基本情報

タイトル

BIOHAZARD RE:2 Z Version

デベロッパー

カプコン

配信会社

カプコン

対応ハード

PS4/XboxOne/PC

価格

PS4

7,800円+税

XboxOne

7,280円+税

PC

7,222円+税

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【バイオハザード】 【サバイバルホラー】

この記事の関連記事

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日 ]

敵の位置を把握できることで掻き立てられる恐怖!鬼ごっこ系サバイバルホラー「ルーンの瞳」

[投稿日 ]

物音をたてたら確実に現れる!ババアの恐怖に怯えながら探索する「Granny」

[投稿日 ]

スマホ最恐認定!超スピードで迫りくるクリーチャーから逃げつつ探索するサバイバルホラー「Halls Of Madness」

[投稿日 ]

人類は終わろうとしているのか?これからなのか?ゾンビと共に日々を生活するサバイバルアクション「ライフアフター」

[投稿日 ]

閉鎖された豪華客船に現れる水棲クリーチャーの恐怖を描いた屈指の傑作!「バイオハザード リベレーションズ」

[投稿日 ]

何が正解か?生き残るため、自分の頭で最善を探す不安感が恐怖に繋がる「SKYHILL」

[投稿日 ]

子どもの頃の夜の怖さを思い出させるナンバリング最終作!「Five Nights at Freddy's 4」

[投稿日 ]

ピザ屋は潰れた!今度はホラーアトラクションの警備に挑戦だ!「Five Nights at Freddy's3」

[投稿日 ]

「Five Nights At Freddy’s」がVRへ! 「Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted」が発表

[投稿日 ]

廃墟となった療養所で一人称視点で追いかけまわされる恐怖!「Lost Within」

[投稿日 ]

オルゴールで緊張感アップ!ピザ屋の夜間警備ゲーム第二作「Five Nights at Freddy's2」

[投稿日 ]

「LINEクリエイターズスタンプ」に「BIOHAZARD RE:2」登場

[投稿日 ]

わかっていてもやっぱりビビる!そして怖い!ピザ屋の夜間警備ゲーム「Five Nights at Freddy's」

[投稿日 ]

セクシー殺人鬼とお近づきになりたい!いや逃げたい!裏腹アンビヴァレンツな良作サバイバルホラー「The Coma: Cutting Class」

[投稿日 ]

死にゆく人をただ見るしかできない傍観者の恐怖!「Alien: Blackout」

[投稿日 ]

孤独と寒さの中静かに迫りくる死の恐怖!「Distrust」

[投稿日 ]

その場所を味わうのが怖い!今振り返る「バイオハザード7 レジデントイービル」の怖さとVRホラー

[投稿日 ]

5月23日(木)「バイオハザード」3作品がNINTENDO SWITCHに登場!

[投稿日 ]

「バイオハザード RE:2」オリジナル・サウンドトラック配信開始!

[投稿日 ]

全世界累計出荷本数10万本超!「死印」がコミカライズ

[投稿日 ]


上に戻る