ダイコクオンカミ…「赤ずきん」と日本の神様の意外な共通点!?【ネタバレあり】

[投稿日:

シャルル・ペローの『赤ずきん』がベースの『RED HOOD BIZARRE(レッド・フード・ビザール)』。

…なんだけど、実は背景は日本の神道がベース。

そのことは、真エンディングに到達すると分かるのでぜひプレイしてほしい!…のだけど、今回はネタバレありで、裏側の背景の解説をしたい。

世の中でいう『赤ずきん』は、少女が狼に襲われ、猟師によって助け出されるという物語。

けど、シャルル・ペローの『赤ずきん』は、少女が狼に襲われるところで終わり。

現実のエピソードして考えたら、何も悪いことをしていない人間が殺される…なんて事件はたくさん起こっている。

でも、「物語」としてとらえると、たとえホラーであっても、物語として未完成のように思えて気持ち悪い。

そこで、『RED HOOD BIZARRE(レッド・フード・ビザール)』では、日本の神道と融合させることにしたわけです。

日本はもともと仏ではなく、神を崇める国だったのだけど、そこに仏教が伝来。神仏習合によって、神も仏も融合した形となった。

いわば、神も仏も似たような存在という考え方で、この考え方は明治時代の廃仏毀釈が行われるまで続く。

明治政府は、西洋の国家に立ち向かうため、日本独自の宗教として「神道」を確立したかった。

なので、神も仏も同じ…ではなく、神こそが日本のオリジンという位置づけをしたわけですな。

とはいえ、神とはなんなのか?

映画『ののけ姫』に「祟り神」という言葉が出てくるけど、日本の神はこの「祟り神」という性質を持っている。

「祟り神」というのは、文字通り「祟る神様」。

そんな厄介な存在をなぜ神様として祭るのかというと、祟らないでほしいから。「お願いだからどうか、祟らないでください!」と祈るわけ。

もちろん、神様にも(たぶん)メンツがあるので「ほな、祟るのやめとくわ〜」と簡単にあきらめてくれるわけじゃない。

神様は人間の想像が生み出した存在。…だけど、完全に架空の存在というわけではなく、実体が存在している。

たとえば、 たとえば「狼」や「熊」といった 存在。

山に生息し、 現地民たちの住居を荒らしたり、時には被害を与えたりする「狼」や「熊」は、現地民にとっては「山の神」のようなもの。

現実的に被害を抑えるためには、ただ祈るだけではダメ。そこで、お供え物が必要となる。

このお供え物は、単純に食料ということもあったろうが、子供や女性ということもあったろう。

昔は今とは違い、人の命が安かった。子どもは労働力として扱われ、飢饉になると消費を抑えるため殺されること(口べらし)ということもあったほどだ。

つまり、何も悪いことをしていない人間が殺された…。

ここまで来ると、シャルル・ペローの『赤ずきん』と似てるよね。

ちなみに、 神に御をつけて「オンカミ」あるいは 「ミカミ」と呼ぶけど、 そもそもは 「大神(オオカミ)」という言葉だった可能性がある模様。

そして、「大神」の語源は動物の「狼」。

なので、日本の祟り神=狼説は、あながち間違っていないのだ。あながちだけど!

『RED HOOD BIZARRE(レッド・フード・ビザール)』の怪異の象徴、七福神「大黒天」が変異したラストボス「ダイコクオンカミ」はこうした経緯で、生まれたわけです。

【redhoodbirzarre】【脱出ゲーム】【アプリゲーム】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

RED HOOD BIZARRE(レッド・フード・ビザール)

目覚めた家は自分の家ではない!?
ペロー版「赤ずきん」を原作とする現代版ホラー脱出ゲーム。

この記事の関連記事

真エンディングを迎えやすく!『RED HOOD BIZARRE』アップデート

[投稿日]

RED HOOD BIZARRE(レッド・フード・ビザール)

[投稿日]

上に戻る