劣化と呼ばないで!レールガンシューターになったDoom: Resurrection!

[投稿日:

Doomといえば、fpsを大流行させた火付け役ゲーム。

しかし残念なことにiPhone版Doom: Resurrectionはfpsじゃない。

PC版のDoomの雰囲気だけ持ってきました、的レール・ガンシューティングゲームだ。

「Doom: Resurrection」

だが結果としてそれがイイ。

iPhoneのFPSは、よほど操作系を作りこんでないと、

操作にイライラしてしまう。

バーチャルパッドが改善されたので最近でこそfpsもガンガンに楽しめるようになったが、以前はそうではなかった。

fpsの操作を再現しようとするあまり、肝心のゲーム本編は面白くなくなってしまうというケースが多々あったのだ。

そんな中Doom: Resurrectionはレール・ガンシューティングにゲームシステムを変えたことで、

操作がシンプルになっており、敵をガンガン撃っていく楽しさがストレスなく楽しめる。

「Doom: Resurrection」

Doom: Resurrectionの操作は基本的に本体をかたむけて照準を動かし、トリガーボタンで敵をシュートする、というものだ。

敵の攻撃は避けるボタンを使って避けることができる。

移動はない。

「Doom: Resurrection」

カメラは完全にシステムがコントロールする。

これによって、シナリオに基づいてカメラが動くことによる恐怖、驚きなどの演出が味える。

SFホラーシューティングを味わう、っていう意味では非常に堪能させてくれる。

「Doom: Resurrection」
「Doom: Resurrection

デベロッパー

Id Software, Inc.

【DOOM】【FPS】【アプリ】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ゲームレビュー

エッジの鋭いホラーゲームをオススメするゲームレビュー。


この記事の関連記事

トガるとはこういうこと!昭和ジャパンでテキサス出身アメリカンヤクザが鬼や侍に変身して大暴れ!『COWBOY YAKUZA』

[投稿日]

現実と幻を行き来する不安感!有料化も頷ける充実のシリーズ最新作!『Forgotten Hill Disillusion』

[投稿日]

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日]

天使×悪魔!最強の二人が敵を倒しまくるロックンロールな爽快バイオレンスアクション「GodsTrigger」

[投稿日]

上に戻る