オルゴールで緊張感アップ!ピザ屋の夜間警備ゲーム第二作「Five Nights at Freddy's2」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


オルゴールで緊張感アップ!ピザ屋の夜間警備ゲーム第二作「Five Nights at Freddy's2」

[投稿日:

[更新日:

ピザ屋の警備員となって、店舗の夜間警備を行う傑作ホラーゲーム「Five Nights at Freddy’s」。

この傑作にツッコミどころがあるとすれば、何故ピザ屋は、防衛策を用意しないのか?という点だ。

「Five Nights at Freddy’s」の敵である「アニマトロニクス」達は、着ぐるみを脱いでいるロボットがいると、着ぐるみを着せようとする

だからこそ、着ぐるみを着ていない存在である人間スタッフが襲われてしまうわけだ。

逆に言うと、人間スタッフも着ぐるみを着ていれば、襲われずに済むということ。

アニマトロニクス用の着ぐるみの内部にはロボットに着ぐるみを取り付けるための金具やら針金やらが露出しているので、とてもじゃないが人間には着れないという設定があるのだけど、それなら、人間が着れるバージョンを用意すればいいだけの話。

こうした突っ込みに答えてくれる作品が、続編の「Five Nights at Freddy’s2」だ。

目次

ココがWuah!「Five Nights at Freddy’s2」の怖さは、予防しなければならない焦燥感

image

「Five Nights at Freddy’s2」は、「Five Nights at Freddy’s」の続編。

続編ではあるけど時系列的には一作目より前にあたる。

「Five Nights at Freddy’s2」によって一旦ピザ屋 Freddy Fazbear’s Pizzaは閉店し、「Five Nights at Freddy’s」で営業再開…という流れだ。

もちろん、「アニマトロニクス」も登場する。しかも、第一作目より大量に登場!

要するに、再開前は大量の「アニマトロニクス」を使っていたということになる。

一方で、対処策も用意されている。

image

第一作目ではシャッターを閉めることが対応策だったが、本作では人間用の「アニマトロニクス」の仮面が用意されている。

これをつければ、「アニマトロニクス」は「着ぐるみをつけている」と認識してくれるので、襲われないのだ!

やったぜ!だったらこの仮面をつけっぱなしにしておけばいいじゃん!

だが、そうは問屋が卸さない

仮面をつけていても襲ってくる敵がいるからだ。

ただ、この敵は、オルゴールを鳴らすことで予防することができる。

しかしオルゴールは11番カメラに切り替えて作動させなければならないため、仮面をつけたままでは動かせない。

image

なので、敵を予防するためカメラとオルゴールの状況を監視しつつ、アニマトロニクスが迫ってきたら仮面で防御する…という形になる。

やはり忙しい!やはり焦る!だから怖い!!

こうこなくっちゃな!

カメラとボタンをタップするだけ!第一作ゆずりの操作

image

仮面やオルゴールといった仕組みは用意されているものの、ゲームシステムそのものは第一作目と変わらない

画面下のアイコンをタップして画面をカメラに切り替えたり、仮面を着用したりといったことが可能。

見たいカメラをタップすれば、その映像へと切り替わる。

カメラ11番には、オルゴールのゼンマイをまくためのボタンが用意されている。

本作にはシャッターがないが、出入り口そばのボタンをタップするとライトを付けることができるというのも一作目ゆずりだ。

一作目をプレイしていればそこまで迷うことはないだろうし、そもそもシンプルな操作なので本作からプレイする場合でもさほど迷わないハズ。

ただ、難易度的には一作目からアップしている印象だ。

なので、プレイする場合は一作目からプレイした方がいいかもしれない。

基本情報

タイトル

Five Nights at Freddy’s 2

デベロッパー

Scott Cawthon

配信会社

Scott Cawthon

対応ハード

PC/iOS/Android

価格

Steam

820円

iOS

360円

Android

360円

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Five Nights at Freddy s】 【サバイバルホラー】

この記事の関連記事

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日 ]

敵の位置を把握できることで掻き立てられる恐怖!鬼ごっこ系サバイバルホラー「ルーンの瞳」

[投稿日 ]

物音をたてたら確実に現れる!ババアの恐怖に怯えながら探索する「Granny」

[投稿日 ]

スマホ最恐認定!超スピードで迫りくるクリーチャーから逃げつつ探索するサバイバルホラー「Halls Of Madness」

[投稿日 ]

人類は終わろうとしているのか?これからなのか?ゾンビと共に日々を生活するサバイバルアクション「ライフアフター」

[投稿日 ]

閉鎖された豪華客船に現れる水棲クリーチャーの恐怖を描いた屈指の傑作!「バイオハザード リベレーションズ」

[投稿日 ]

何が正解か?生き残るため、自分の頭で最善を探す不安感が恐怖に繋がる「SKYHILL」

[投稿日 ]

子どもの頃の夜の怖さを思い出させるナンバリング最終作!「Five Nights at Freddy's 4」

[投稿日 ]

ピザ屋は潰れた!今度はホラーアトラクションの警備に挑戦だ!「Five Nights at Freddy's3」

[投稿日 ]

「Five Nights At Freddy’s」がVRへ! 「Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted」が発表

[投稿日 ]

廃墟となった療養所で一人称視点で追いかけまわされる恐怖!「Lost Within」

[投稿日 ]

「LINEクリエイターズスタンプ」に「BIOHAZARD RE:2」登場

[投稿日 ]

わかっていてもやっぱりビビる!そして怖い!ピザ屋の夜間警備ゲーム「Five Nights at Freddy's」

[投稿日 ]

セクシー殺人鬼とお近づきになりたい!いや逃げたい!裏腹アンビヴァレンツな良作サバイバルホラー「The Coma: Cutting Class」

[投稿日 ]

死にゆく人をただ見るしかできない傍観者の恐怖!「Alien: Blackout」

[投稿日 ]

孤独と寒さの中静かに迫りくる死の恐怖!「Distrust」

[投稿日 ]

その場所を味わうのが怖い!今振り返る「バイオハザード7 レジデントイービル」の怖さとVRホラー

[投稿日 ]

「バイオハザード RE:2」オリジナル・サウンドトラック配信開始!

[投稿日 ]

行きも怖いし戻るのはさらに怖い!「BIOHAZARD RE:2 Z Version」

[投稿日 ]

全世界累計出荷本数10万本超!「死印」がコミカライズ

[投稿日 ]


上に戻る