ピザ屋は潰れた!今度はホラーアトラクションの警備に挑戦だ!「Five Nights at Freddy's3」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


ピザ屋は潰れた!今度はホラーアトラクションの警備に挑戦だ!「Five Nights at Freddy's3」

[投稿日:

[更新日:

VR版のリリースも発表された傑作ホラーゲーム「Five Nights at Freddy’s」シリーズ

今回は第三作、傑作ホラーゲーム「Five Nights at Freddy’s3」を紹介したい。

目次

ココがWuah!「Five Nights at Freddy’s3」の怖さは、二重構造のマップとエラーがもたらす焦燥感

image

「Five Nights at Freddy’s3」は、「Five Nights at Freddy’s」シリーズの第三作。

時系列的としては第一作「Five Nights at Freddy’s」の後に当たる。

なので時系列順としては、「Five Nights at Freddy’s2」、「Five Nights at Freddy’s」、「Five Nights at Freddy’s3」という並び。

今回も主人公は夜間警備を行うわけだけど、場所はピザ屋ではない。

なぜならピザ屋は潰れてしまったから。

代わりに、(よせばいいのに)アニマトロニクスを客寄せに使おうというホラーアトラクションが舞台となる。

image

プレイヤー=主人公にとって都合のいい変更点から触れると、今回、アニマトロニクスがやってくる出入口は1つしかない。

3つも出入口があった「Five Nights at Freddy’s2」からすれば、安全性3倍だ!

さらに今回のホラーアトラクションはピザ屋のようにポンコツじゃないので、なんとバッテリー制限がない

なので、カメラ見放題!オルゴール代わりのオーディオも流し放題だ。

image

もちろん、プレイヤー=主人公にとって不利な変更点もある。

ひとつは、マップが二重構造になっている点。

店内とダクトという2つのマップになっており、マップを切り替えた上でカメラを切り替えてアニマトロニクスを追わなければならないのだ。

一応、ダクトはシャッターを使ってルートを塞ぐことができるのだけど、一度に使用できるシャッターは1つだけ。なので、アニマトロニクスの動きを完全封鎖することはできない。

さらに、カメラ、オーディオ、シャッターというセキュリティ三種の神器は、バッテリーがない代わりにちょくちょくエラーを起こしてストップしてしまう。

image

エラーは別の装置を使って修正することができるのだが、修正までに若干の時間がかかる。

修正中はカメラから離れなければならないため、アニマトロニクスを見失うリスクが高い。

image

さらにさらに、アニマトロニクスだけでなく、アニマトロニクスの幻影までが登場し、主人公を追い詰める。

結局、主人公の状況が危ういことに変わりはない。

まあ、ホラーだからこう来なくっちゃな!

操作はこれまでのシリーズと大きく変わらず!シンプルに操作可能

image

マップが二重構造になったり、シャッターやエラーからの復帰装置といった仕組みが加わったものの、ゲームシステムはこれまでのシリーズと大きく変わらない

右側の画面の右上にあるアイコンからカメラを起動。

見たいカメラをタップすれば、その映像へと切り替わり、「Map Toggle」ボタンタップでマップの切り替えが可能だ。

また、「Play Audio」ボタンタップでオーディオを使用できる。

左側の画面の下にあるアイコンをタップして復帰装置を起動でき、起動後にエラーのついている文字をタップすれば、該当エラーの修正が可能だ。

本作、部屋の出入り口が少ない分、注意を払う先が少ないように見えて、マップが二重構造になっているので実はアニマトロニクスを見失いやすい。

なので、難易度的にはやはり一作目よりは高い印象がある。

プレイする場合は一作目からプレイした方がいいだろう…けど、怖がりたいのだったらあえて本作からプレイするというのもアリかも。

基本情報

タイトル

Five Nights at Freddy’s 3

デベロッパー

Scott Cawthon

配信会社

Scott Cawthon

対応ハード

PC/iOS/Android

価格

Steam

820円

iOS

360円

Android

330円

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Five Nights at Freddy s】 【サバイバルホラー】

この記事の関連記事

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日 ]

敵の位置を把握できることで掻き立てられる恐怖!鬼ごっこ系サバイバルホラー「ルーンの瞳」

[投稿日 ]

物音をたてたら確実に現れる!ババアの恐怖に怯えながら探索する「Granny」

[投稿日 ]

スマホ最恐認定!超スピードで迫りくるクリーチャーから逃げつつ探索するサバイバルホラー「Halls Of Madness」

[投稿日 ]

人類は終わろうとしているのか?これからなのか?ゾンビと共に日々を生活するサバイバルアクション「ライフアフター」

[投稿日 ]

閉鎖された豪華客船に現れる水棲クリーチャーの恐怖を描いた屈指の傑作!「バイオハザード リベレーションズ」

[投稿日 ]

何が正解か?生き残るため、自分の頭で最善を探す不安感が恐怖に繋がる「SKYHILL」

[投稿日 ]

子どもの頃の夜の怖さを思い出させるナンバリング最終作!「Five Nights at Freddy's 4」

[投稿日 ]

「Five Nights At Freddy’s」がVRへ! 「Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted」が発表

[投稿日 ]

廃墟となった療養所で一人称視点で追いかけまわされる恐怖!「Lost Within」

[投稿日 ]

オルゴールで緊張感アップ!ピザ屋の夜間警備ゲーム第二作「Five Nights at Freddy's2」

[投稿日 ]

「LINEクリエイターズスタンプ」に「BIOHAZARD RE:2」登場

[投稿日 ]

わかっていてもやっぱりビビる!そして怖い!ピザ屋の夜間警備ゲーム「Five Nights at Freddy's」

[投稿日 ]

セクシー殺人鬼とお近づきになりたい!いや逃げたい!裏腹アンビヴァレンツな良作サバイバルホラー「The Coma: Cutting Class」

[投稿日 ]

死にゆく人をただ見るしかできない傍観者の恐怖!「Alien: Blackout」

[投稿日 ]

孤独と寒さの中静かに迫りくる死の恐怖!「Distrust」

[投稿日 ]

その場所を味わうのが怖い!今振り返る「バイオハザード7 レジデントイービル」の怖さとVRホラー

[投稿日 ]

「バイオハザード RE:2」オリジナル・サウンドトラック配信開始!

[投稿日 ]

行きも怖いし戻るのはさらに怖い!「BIOHAZARD RE:2 Z Version」

[投稿日 ]

全世界累計出荷本数10万本超!「死印」がコミカライズ

[投稿日 ]


上に戻る