子どもの頃の夜の怖さを思い出させるナンバリング最終作!「Five Nights at Freddy's 4」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


子どもの頃の夜の怖さを思い出させるナンバリング最終作!「Five Nights at Freddy's 4」

[投稿日:

家にしまってあるおもちゃや絵本が、夜、明かりを暗くした間だけ、不気味に姿を変えていたら…?

そんなこと、子どものころに考えたことはないだろうか。

とても大好きな存在が、闇の間だけ、自分の敵に変わってしまう。

それはとても恐ろしいことだ。

そんな恐怖を描いたのが、「Five Nights at Freddy’s」シリーズ第四作、「Five Nights at Freddy’s 4」だ。

目次

ココがWuah!「Five Nights at Freddy’s 4」の怖さは、子どもの頃の夜の怖さを思い出させる舞台

image

「Five Nights at Freddy’s 4」は、「Five Nights at Freddy’s」シリーズのナンバリング最終作にあたる作品だ。

これまでのシリーズと違い、主人公は夜間警備員ではない

実は、主人公が誰かが明示されていない。

ただ、舞台が子ども部屋になっていることから、恐らく子どもが主人公なのだろうと推察できる。

image

舞台が子ども部屋、主人公は子どもということで、本作に監視カメラは登場しない

主人公はベッド、クローゼット、部屋の2つのドアという4つのポイントを実際に行き来する

そしてライトを付け、自分の目でアニマトロニクスがいるかどうか確認するのだ。

image

ちなみに、子ども部屋に客寄せ&接客ロボットであるアニマトロニクスが登場するというのもおかしな話だが、実は本作そのものが悪夢という設定だ。

つまり、アニマトロニクス達も悪夢という形で登場する。

悪夢という形ではあるが、子供部屋にアニマトロニクスが接近してくる様子はなかなかに怖い。

自分の部屋。さらには自分のベッドとかって、子どものころは安全地帯のような感覚を持ってなかっただろうか。「そこに逃げ込めば安心」みたいな。

もちろんその安心感には何の根拠も何の保証もない

ただ大人のなってなお、自分の部屋やベッドというのは「聖域」的な安心感があるので、その「聖域」が侵される様子は恐ろしい。

タップで移動。脱出ゲーム的操作

image

監視カメラのチェックから、実際に移動して目視で確認するという形にスタイルが変化した本作。

しかし、操作そのものは前作とそう変化していない

ドアやクローゼット、背後のベッドなどをタップして移動。ダブルタップで確認が行える。

確認方法は2つあり、ひとつはによる確認。ふたつめはライトによる確認だ。

image

迫りくるアニマトロニクスはライトをつければ消えてくれるが、最終段階まで接近した状態だと、ライトでは防げない。

そこで、音を頼りに最終段階まで接近しているかどうか確認し、最終段階まで接近しているようならドアを閉めよう。

こうしたシステムなので、プレイする際にはヘッドフォンをつけ、しっかり音を確認できる用にした方がイイ。

ちなみに難易度的にはシリーズで最も難易度が高いように思う。心して臨もう。

基本情報

タイトル

Five Nights at Freddy’s 4

デベロッパー

Scott Cawthon

配信会社

Scott Cawthon

対応ハード

PC/iOS/Android

価格

Steam

820円

iOS

360円

Android

340円

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Five Nights at Freddy s】 【サバイバルホラー】

この記事の関連記事

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日 ]

敵の位置を把握できることで掻き立てられる恐怖!鬼ごっこ系サバイバルホラー「ルーンの瞳」

[投稿日 ]

物音をたてたら確実に現れる!ババアの恐怖に怯えながら探索する「Granny」

[投稿日 ]

スマホ最恐認定!超スピードで迫りくるクリーチャーから逃げつつ探索するサバイバルホラー「Halls Of Madness」

[投稿日 ]

人類は終わろうとしているのか?これからなのか?ゾンビと共に日々を生活するサバイバルアクション「ライフアフター」

[投稿日 ]

閉鎖された豪華客船に現れる水棲クリーチャーの恐怖を描いた屈指の傑作!「バイオハザード リベレーションズ」

[投稿日 ]

何が正解か?生き残るため、自分の頭で最善を探す不安感が恐怖に繋がる「SKYHILL」

[投稿日 ]

ピザ屋は潰れた!今度はホラーアトラクションの警備に挑戦だ!「Five Nights at Freddy's3」

[投稿日 ]

「Five Nights At Freddy’s」がVRへ! 「Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted」が発表

[投稿日 ]

廃墟となった療養所で一人称視点で追いかけまわされる恐怖!「Lost Within」

[投稿日 ]

オルゴールで緊張感アップ!ピザ屋の夜間警備ゲーム第二作「Five Nights at Freddy's2」

[投稿日 ]

「LINEクリエイターズスタンプ」に「BIOHAZARD RE:2」登場

[投稿日 ]

わかっていてもやっぱりビビる!そして怖い!ピザ屋の夜間警備ゲーム「Five Nights at Freddy's」

[投稿日 ]

セクシー殺人鬼とお近づきになりたい!いや逃げたい!裏腹アンビヴァレンツな良作サバイバルホラー「The Coma: Cutting Class」

[投稿日 ]

死にゆく人をただ見るしかできない傍観者の恐怖!「Alien: Blackout」

[投稿日 ]

孤独と寒さの中静かに迫りくる死の恐怖!「Distrust」

[投稿日 ]

その場所を味わうのが怖い!今振り返る「バイオハザード7 レジデントイービル」の怖さとVRホラー

[投稿日 ]

「バイオハザード RE:2」オリジナル・サウンドトラック配信開始!

[投稿日 ]

行きも怖いし戻るのはさらに怖い!「BIOHAZARD RE:2 Z Version」

[投稿日 ]

全世界累計出荷本数10万本超!「死印」がコミカライズ

[投稿日 ]


上に戻る