生理的嫌悪感によって生み出される不安!「Forgotten Hill: Fall」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


生理的嫌悪感によって生み出される不安!「Forgotten Hill: Fall」

[投稿日:

一言で「恐怖」といっても、ワー!っと叫ぶ系、ゾクッとする系、身が縮こまる系…と色んなタイプがある。

同じように「不安」といっても、色んなタイプがあるのだ。

筆者がこれまで最も不安感を感じたホラーゲームのひとつが「Forgotten Hill: Surgery」なんだけど、そもそも「Forgotten Hill」シリーズは、シリーズを通して「不安」を表現しているようだ。

そして、シリーズの各作品によって表現される不安感が違っている。

そこで今回は、シリーズの第一作、「Forgotten Hill: Fall」を紹介したい。

目次

ココがWuah!「Forgotten Hill: Surgery」の魅力は生理的嫌悪感から来る不安

image

シリーズ最初の作品、「Forgotten Hill: Fall」は、タイトルにもあるForgotten Hillを訪れた主人公が、とある館を訪ねるところから始まる。

この館こそ本作の舞台。

他のシリーズ同様、待ち受ける謎はどれも不気味で不安感をあおってくれる。

この本作が持っている不安を具体的に言えば、生理的嫌悪感だろう。

たとえば、ワラワラと蠢く虫を見たら、大部分の人が生理的に嫌だと思うハズ。

こうした表現の積み重ねによって、本作は不安感をあおっているのだ。

不安感が積み重なることで、魔術の儀式のような様相を帯びてくる。

「Forgotten Hill: Surgery」とも「Forgotten Hill Tales: Little Cabin in the Woods」とも異なる、本作ならではのホラー性だ。

オーソドックスなゲームシステム。言語は日本語未翻訳

image

もちろん本作も、他の「Forgotten Hill」シリーズ同様、ゲーム自体はごくごくオーソドックス

画面をタップして探索を行い、謎の手がかりやアイテムを入手。

それらを使って謎を解くことで物語を進展させていく形式だ。

難易度も他作品と同レベルといっていいだろう。

シリーズ第一作だからカンタンということもないし、特別難しいということもない。

image

若干残念なのが、「Forgotten Hill: Surgery」とは異なり、日本語に翻訳されていない点。

なので、物語の細かなニュアンスを掴むことは難しい。

ただ、そもそも英文があまり登場せず、謎解きもビジュアルを使ったものが多い。

もちろんホラー要素についても言葉ではなくビジュアルで訴えかけてくるタイプのものなので、ホラー性を味わいつつ、クリアを目指してプレイするという分には支障なく楽しめる

他シリーズが気に入ったなら、元祖である本作も遊んで損はないだろう。

基本情報

タイトル

Forgotten Hill: Fall

デベロッパー

FM-Studio

配信会社

FM-Studio

対応ハード

iOS/Android

価格

無料

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Forgotten Hill】 【脱出ゲーム】

この記事の関連記事

前作を超える恐怖演出のボリュームとバリエーション!正当進化した続編「続・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯・真相編」

[投稿日 ]

二次元に見えている絵画の中には360°の怖ろしい空間が広がっている!ホラー脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」

[投稿日 ]

近所迷惑注意!身近な場所でショッキング系ホラー演出が繰り出されるから悲鳴必至なホラーゲーム「脱出×和風ホラー:夢怨」

[投稿日 ]

怪異の過去に秘められたいわくへ切り込んでいく脱出ゲーム「脱出ゲーム:呪巣 -零ノ章-」

[投稿日 ]

360ぐるりと回れる操作システムで廃病院の恐怖を描いた脱出ゲーム「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」

[投稿日 ]

陽気な雰囲気の中に漂う不気味さが怖い!脱出ゲーム「Forgotten Hill: Puppeteer」

[投稿日 ]

生活感を感じる風景で不安感を積み重ね、能面の怪物で一気に恐怖を煽る!悲鳴を上げるほど怖い「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」

[投稿日 ]

不気味な儀式を行う背徳感が楽しめる脱出ゲーム「Forgotten Hill Mementoes」

[投稿日 ]

これぞお化け屋敷的ゲーム!怖さのために構築された「脱出ゲーム:呪巣 -怨ノ章-」

[投稿日 ]

怖い。でもビジュアルはコミカル。でもだからこそ怖いんだ!ホラー脱出ゲーム「青鬼」

[投稿日 ]

見たいものを見たいように見てしまう!人間の性(サガ)の怖さ「脱出ゲーム:ギフト」

[投稿日 ]

かぐわしく薫り立つ便所臭!臭気と狂気がイヤーンな脱出ゲー「脱出ゲーム:赤い女」

[投稿日 ]

悪夢のように濃密に漂う不安感!「Forgotten Hill: Surgery」

[投稿日 ]

こんなとこ殺しが起きるに違いないじゃん!「Forgotten Hill Tales: Little Cabin in the Woods」

[投稿日 ]


上に戻る