第十夜宵闇編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日:

第七章・夜はまだ明けない

4人の登場人物の中でにいる、ウソつきは誰か?

ボクは、このウソつきが見つかれば、全体の構図が一気に変わる。まったく別のものが見えるハズ…と言ったよね。これがヒントさ。

4人の証言そのものよりも、この話を大上 天道(おおかみ てんどう)が持ってきたということに注目して欲しい。

つまり、4人の証言というのは、すべて大上 天道からの伝聞に過ぎない。

ということは、大上 天道がウソをついている場合、4人の証言すべて作りものってこともあり得るんだ。

…つまり、すべてがひっくり返る。

そう…、ウソツキは大上 天道さ。

この話のうち、七羊財閥で千輪和子の自殺が発生したということは事実。新聞記事になったくらいだからね。

しかし、その後の、自殺事件の真相解明をボクに依頼する…というくだりから、天道の陰謀だ。

彼は、七羊財閥の名声を地に落とすため記者に情報を売り渡した。

その上で、事件の規模をさらに拡大し、七羊財閥により大きなダメージを与えるため、ボクに声をかけたんだ。

真相解明だなんてとんでもない!七羊財閥の周辺を探偵に嗅ぎまわらせ、そこをさらに新聞や雑誌に流すことで、世間の噂話の拡大を狙ったのさ。

それに気づいたボクは、この依頼を断った。

…けど、今にして思えば、断らない方がよかったかもしれない。

というのもその後、大上 天道はさまざまな手を駆使して七羊財閥の名声を失墜させ、使用人にも拘わらず財閥を乗っ取ったんだ。

…その後、大上 天道がボクに関わることはなかった。

…さて…、今回はまだ夜が明けない。まだ宵の口。ボクの時間は続く。

なぜなら、大きな時を経て、再び大上 天道と関わることになったからさ…。

【謎解き】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

夜探偵フクロウと謎解き暗夜

闇を見通す夜の探偵、
フクロウが出題する
怪事件の謎を
見事喝破できるか?

この記事の関連記事

第十夜完結編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

第十夜彼誰編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

第十夜黄昏編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

第九夜完結編-鶴に恩を返す夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

上に戻る