第十夜完結編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日:

最終章・真相

大上(おおかみ)家で使用人として働いていた女性、千輪 和香子(ちわ わかこ)の殺人事件…その犯人は誰だろう?

ボクは今回、大上 天道(おおかみ てんどう)がウソをついていないと言ったよね?

つまり、この事件が殺人であり、かつ、天道の三人の実子の中に犯人がいるという前提にウソはない。

さらにボクは、天道の三人の実子の証言にもウソがないとも言った。

一人目、長男である大上 甲斐(おおかみ かい)はこう答えている。

「オレは殺してない。仮に使用人にをイラついたところで、殺してしまっては、この家の相続権を失う。金持ちケンカせずだ」

二人目、長女である大上 葉犂(おおかみ はすき)はこう答えている。

「使用人?殺してないわよ。いたずらすることくらいあっても、殺したりしないわ。バカバカしい」

三人目、次男である大上 柴(おおかみ しば)はこう答えている。

「あの使用人か。からかうと顔を真っ赤にして怒ってかわいかったんだけどな…。死んだのか。は!?オレが殺すわけねえだろ?」

この三人の証言にウソがないとすると、それは一見、天道の証言と矛盾するように思える。しかし、そうではないんだ。

三人が殺していない、しかし三人が殺人犯。この矛盾する内容は、実は両立する。

…つまり、三人とも、殺すつもりはあったが直接的には殺していない。三人が三人とも、部分的に犯人なんだ。

どういうことか?

被害者である千輪 和香子は、階段を下りている最中、手すりが崩れて階段から落下。落ちたその場所には金属製の鏡台があり、そこに頭から落ちて死んだ。

これらに対し、みっつの状況証拠が挙がっている。

ひとつ、手すりは確かに古いものではあったが、老朽化するほど古くなってはいなかった。なので、自然に崩れたとは考えにくい。

ふたつ、階段の表面から潤滑油らしきものが検出された。

みっつ、金属製の鏡台は普段は別の場所に保管されていたものだ。

容疑者が三人。状況証拠が三件…。

そう、長男が手すりに細工を入れ、次男が潤滑油をまき、長女が鏡台の位置をズラした。

長女は言っている。「いたずらすることくらいあっても」と。

次男もこう言っている。「からかうと」と…。

それぞれは単独で見れば、いたずらやからかいの範囲内かもしれない。いや、度は越しているけど…。それでも、殺人とまではいかないだろう。

しかし、その三つが組み合わさった結果、殺人事件が発生した。

ターゲットが死ぬかもしれないし、死なないかもしれない…。そんな、偶然に頼った殺人の事を蓋然性の殺人と呼ぶけど、これはまさに蓋然性の殺人だね。

犯人にとって蓋然性の殺人のメリットは、殺意が証明されにくいこと。

万が一、犯人の行った行為と死因との間に因果関係が立証されたとしても、殺意がなければ過失で済んでしまう。

…実際、大上家の三兄妹の殺意を証明することは難しく思える。

が…彼らはあっさり白状したよ。

三人は、千輪 和香子に大上家を乗っ取られると思って、協力して殺したらしい。

というのも、和香子が使用人という立場にも拘わらず、大上天道は猫可愛がりしていたからだ。天道は和香子のことを、愛人…いや、子ども…いや、孫のようにかわいがっていたという。

それはどうしてかというと…和香子が天道の姪だからだ。

犯人を解明すると、天道はすべての真相を話してくれた。

そもそも、ボクと天道の因縁のはじまりとなった事件、千輪 和子(ちわ かずこ)は、大上天道の妹にあたる。

名前が違うのは両親が離婚したから…なのだけど、それが偶然、七羊財閥(ななひつじざいばつ)で再開した。二人とも使用人として雇われる形で。

二人は再開を喜んだ。元々、兄妹仲がよかったらしい。

ただ、幸せな日々もやがて終わりを告げた。

和子が、七羊財閥の御曹司、七羊 時郎(ななひつじ ときろう)に恋をしたんだ。

世の中に出回った記事では、「七羊財閥の御曹司である七羊 時郎は使用人である和子に暴行をはたらき、和子の心を傷つけて自殺に追い込んだ」となっていた。しかし、事実としては暴行ではなく、時郎が遊びで声をかけたのに対し、和子は本気で恋してしまった…ということらしい。

実はこの時…和子は妊娠していたそうだ。

もちろん、遊びだった時郎は認知しない。だからこそ、た和子は自殺した…。

当然、天道は怒った。マスコミを巻き込み七羊財閥のネガティブな噂を流すことで、最終的に七羊財閥を掌握。

その後は、ボクが語ってきたとおりだよ。

ただ、抜けているのは、和香子の存在。妊娠していた和子は、自殺の前に子どもを出産していた。和子は、子どもを巻き込むのは忍びない…と、出産を待ってから自殺したんだ。

そして、和子から子どもを託されたのが…天道さ。

こうした経緯があったからこそ、天道は和香子を猫可愛がりしたんだ。

息をするかのようにウソをつき、ひとつの財閥を乗っ取った…。大上天道という男は、とてもじゃないが善人とはいえない。

けど、根っからの悪人というわけでもなかったってわけさ。

さあ…今度こそ夜が明ける…。ボクの時間はここまでさ。

またいつか、機会があったらお会いしよう。

【謎解き】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

夜探偵フクロウと謎解き暗夜

闇を見通す夜の探偵、
フクロウが出題する
怪事件の謎を
見事喝破できるか?

この記事の関連記事

第十夜彼誰編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

第十夜宵闇編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

第十夜黄昏編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

第九夜完結編-鶴に恩を返す夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

上に戻る