第七夜-人魚の声が響く夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日:

第一章・声を失った人魚

「人魚姫」という物語にも書かれているけど、人魚というのは歌がことのほか上手い。

船の乗組員たちが魅入られてしまうほどに。

そんな「人魚」と例えらるほどの演奏技術をもった、一人のピアニストがいた。

名前は、海野 愛名(うみの まな)

彼女は世界的なピアニストとして活躍していた。誰もが彼女の演奏に聞きほれた。

しかし…ある時から、一切の演奏ができなくなった。

まるで魔法使いが人魚姫の歌声を奪ってしまったように。

ただ、彼女から演奏技術を奪ったのは魔法使いじゃない。SNSさ。

世界中の誰もが聞きほれるような演奏だったけど…、中にはくさすものもいた。

些細な欠点をあげつらい、時には演奏技術とは一切関係のない、外見を罵ったんだ。

彼女は精神的に落ちていき…やがてピアノを弾くことができなくなってしまった…。

第二章・王子不在

海野 愛名は、女性のパートナーと同棲生活をしていた。

2人での生活はとても順風満帆だった…んだけど、それは愛名がピアニストを続けている間の話。

愛名がピアニストを辞めて以来、歯車がゆっくりと狂っていった。

愛名のパートナー、Elsa Edward(エルザ・エドワード)という女性は、愛名の演奏能力に魅力を感じて交際していた。

…もちろん、演奏能力「だけ」に魅力を感じていたわけじゃないだろう。けど、それこそが魅力の中心だったんだ。

だから、愛名がピアノを弾けなくなって以来、演奏能力を復活させようと躍起になった。

けど、Elsaのそんな態度は愛名にとってプレッシャー以外の何物でもない。

やがて2人の間には口論が絶えなくなり…みるみるうちに2人は互いを疎ましく感じるようになったんだ。

第三章・魔法使い不在

人魚姫はその歌声と引き換えに、人間としてふるまえる「足」を手に入れたよね。

けど、演奏能力を失った愛名が、引き換えに獲得できたものなんて何もなかった。

彼女が演奏能力を失ったため、マネージャーもまた、見放そうとしていたんだ。

いや…それよりひどいかもしれない。

彼女のマネージャー、土井美穂(どい みほ)という女性もまた、愛名の演奏能力にほれ込んでマネージャーに志願した人物だった。

だからこそ、本来なら支えになってやるべきところだったろう。

しかし、土井美穂は、演奏能力を失った愛名に失望し、強くなじった。

それが原因で愛名と土井美穂は揉めに揉め…最終的に2人の関係は破綻。マネージャー契約は打ち切られた。

第四章・原作通りの悲劇

そんな折…海野 愛名が死体として発見された。

この話、結末が悲劇…という点だけは、「人魚姫」と同様だね。

でも、現実はお話と違って、悲劇で幕が下りるわけじゃない。犯人を捜さなくては。

警察が目をつけた容疑者は2人。

もちろん、愛名との関係が険悪なものとなっていたElsa Edward、土井美穂だ。

2人とも愛名との間に確執をかかえており、アリバイはない。

しかし、決定打がなかった。

…そんな折、殺害現場にダイイングメッセージが隠されていた。

鑑識は単なる血痕だと考えたみたいだけど、これはダイイングメッセージだ。

読者への挑戦

さあ、今回はこのダイイングメッセージを解読し、この事件の犯人を当ててほしい。

犯人は、Elsa Edward土井美穂のどちらかで間違いないよ。

答えを明かすのは一週間後…。

…一週間の間、知恵を絞って答えを考えてほしい。

答えを明かすのは一週間後…正しさが示されるのは一週間後の夜だよ…。

【謎解き】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

夜探偵フクロウと謎解き暗夜

闇を見通す夜の探偵、
フクロウが出題する
怪事件の謎を
見事喝破できるか?

この記事の関連記事

第十夜完結編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

第十夜彼誰編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

第十夜宵闇編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

第十夜黄昏編-狼と過ごす夜【夜探偵フクロウと謎解き暗夜】

[投稿日]

上に戻る