見たいものを見たいように見てしまう!人間の性(サガ)の怖さ「脱出ゲーム:ギフト」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


見たいものを見たいように見てしまう!人間の性(サガ)の怖さ「脱出ゲーム:ギフト」

[投稿日:

「人間は見たいものを見たいように見る」という言葉がある。

「そんなことはないよ!ボクは美女がカクテルを持って微笑む南国ビーチのような空間が見たいのに、窓に映るのは灰色のビル、電車はスーツを着たサラリーマンばかりじゃないか!うえーん、ばかばか!」なーんて思うかもしれないが、実際に「人間は見たいものを見たいように見」てしまう。

たとえば満員電車の中で、疲れて眠るサラリーマンを見た時、何を思うだろうか?

「こんなに疲れる働いて、凄く働き者だな…。ご苦労様です。体を壊さないでね」と思うだろうか。

それとも、「オメーが疲れてるのなんて知ったこっちゃねえよ!その席譲れボケが!このクソ野郎が!」と思うだろうか。

もし、前者のように思ったなら、あなたはその後、そのサラリーマンのことを「凄いお働き者」として見続けることになる。実際に働き者かどうかは別として

もし、後者のように思ったなら、あなたはその後、そのサラリーマンのことを「席を譲ってくれないクソ野郎」として見続けることになる。実際にはとても優しい人で、いつもは席に座るような人じゃないのかもしれないのに

つまり、我々は事実を見ているわけじゃなくて、自分の頭の中でこしらえた「きっと、こうに違いない」という思い込みに従ってものを見ているのだ。

これは、一歩間違えば怖いこと

そんな恐怖を描いたのが、「脱出ゲーム:ギフト」だ。

目次

ココがWuah!「脱出ゲーム:ギフト」の魅力は怖いものから目をそらす怖さ

image

「脱出ゲーム:ギフト」は、昨日紹介した「脱出ゲーム:赤い女」と対をなす作品。

臭気漂うお便所が舞台だった「脱出ゲーム:赤い女」と異なり、本作の舞台はとってもキュートな女の子の部屋。見ているだけで甘いフルーツのような香りが漂ってきそうだ。

意を決して片思いの相手に告白した主人公が、念願かなって意中の女の子の部屋にあがることができた…というのが本作の設定。

一見怖くもなんともない…と思うかもしれない。

しかし、紛れもなく本作はホラーゲーム。徐々に徐々に、怖さが現れてくる。

舞台同様、「脱出ゲーム:赤い女」と180°真逆の方向を向いているのが、本作の怖さの質

「赤い女」が描いていた怖さは、頭のイッちまってるストーカー女の異常性。

一方で本作の怖さは、怖いものから目をそらそうとする被害者の心理だ。

image

そもそも人間って、「いつもと違うこと」をなかなか受け入れることができない。

たとえば、買い物にでかけたデパートで、いきなりサイレンが鳴り響いたとしよう。あなたは一瞬のサイレンを聴いた直後、即座に逃げ出すだろうか?

「何かの間違いだろ。そうそう避難指示とか起きないだろうし」なーんて聞き流してしまわないと言い切れるだろうか。

我々は普段の状況ですら、「頭の中で描いているいつもの日常」という思い込みをベースに行動する。

ましてやそれが、意中の女の子の部屋にはじめて入った時だったら?

ちょっと変な趣味を持っていたからって、部屋から出ていったりするだろうか?

「誰だって変わった趣味のひとつやふたつ、あるだろう」なーんて自分を言い聞かせてしまうのでは?

現実のその女の子ではなく、自分が見たい理想の女の子像を優先してしまうのでは?

そして、そうやって現実から目をそらしている内に、引き返せなくなっている──そんな恐怖が、本作で描かれる恐怖なのだ。

ゲームシステムはオーソドックスな脱出ゲーム

image

ゲームシステムとしては、「脱出ゲーム:赤い女」同様、オーソドックスな脱出ゲーム。

背景をタップして手掛かりを探し、謎を解いていく。

「脱出ゲーム:赤い女」をプレイしていれば、特にひっかかることもなく、すんなりプレイできるだろう。

是非、「脱出ゲーム:赤い女」をプレイした後に本作をプレイしてほしい。

基本情報

タイトル

脱出ゲーム:ギフト

デベロッパー

EDGES LLC.

配信会社

EDGES LLC.

対応ハード

iOS/Android

価格

無料

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【脱出ゲーム:ギフト】 【脱出ゲーム】

この記事の関連記事

前作を超える恐怖演出のボリュームとバリエーション!正当進化した続編「続・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯・真相編」

[投稿日 ]

二次元に見えている絵画の中には360°の怖ろしい空間が広がっている!ホラー脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」

[投稿日 ]

近所迷惑注意!身近な場所でショッキング系ホラー演出が繰り出されるから悲鳴必至なホラーゲーム「脱出×和風ホラー:夢怨」

[投稿日 ]

怪異の過去に秘められたいわくへ切り込んでいく脱出ゲーム「脱出ゲーム:呪巣 -零ノ章-」

[投稿日 ]

360ぐるりと回れる操作システムで廃病院の恐怖を描いた脱出ゲーム「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」

[投稿日 ]

陽気な雰囲気の中に漂う不気味さが怖い!脱出ゲーム「Forgotten Hill: Puppeteer」

[投稿日 ]

生活感を感じる風景で不安感を積み重ね、能面の怪物で一気に恐怖を煽る!悲鳴を上げるほど怖い「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」

[投稿日 ]

不気味な儀式を行う背徳感が楽しめる脱出ゲーム「Forgotten Hill Mementoes」

[投稿日 ]

これぞお化け屋敷的ゲーム!怖さのために構築された「脱出ゲーム:呪巣 -怨ノ章-」

[投稿日 ]

怖い。でもビジュアルはコミカル。でもだからこそ怖いんだ!ホラー脱出ゲーム「青鬼」

[投稿日 ]

生理的嫌悪感によって生み出される不安!「Forgotten Hill: Fall」

[投稿日 ]

かぐわしく薫り立つ便所臭!臭気と狂気がイヤーンな脱出ゲー「脱出ゲーム:赤い女」

[投稿日 ]

悪夢のように濃密に漂う不安感!「Forgotten Hill: Surgery」

[投稿日 ]

こんなとこ殺しが起きるに違いないじゃん!「Forgotten Hill Tales: Little Cabin in the Woods」

[投稿日 ]


上に戻る