より気軽に楽しめる普及の名作。逆転裁判!

[投稿日:

一度観た映画や、一度観たマンガを見返したくなる時ってあるだろ?

ゲームでもそう思うときがある。

でもゲームの場合、ハードウェアが時代遅れになってて遊べないなんてことがあり得る。

押入れの奥深くにしまっちゃってたり、●ックオフに売り飛ばしちゃってたりして。

ファッ●オフ。

遊びたいときに遊べない、そんな困った環境が訪れて欲しくない名作ゲームがある。

逆転裁判は間違いなくそこまでの名作ゲームだろう。

「逆転裁判」

説明不要か?

逆転裁判は、裁判をモチーフにした推理サスペンスアドベンチャーだ。

プレイヤーは主人公の弁護士、成歩堂龍一となり、数々の裁判を担当する。

事件はどれも被疑者不利な状況。

その不利な状況を跳ね返す…すなわち、逆転!することが本作品の醍醐味だ。

「逆転裁判」

操作は説明不要なくらい簡単。

画面上のコマンドやアイテムを直接タップするだけ。

「逆転裁判」

逆転裁判のおもしろさのポイントは三つ。

ひとつめはシナリオ。推理もののアドベンチャーゲームは、シナリオがクソだと全部クソになっちまう。

が、本作品のシナリオはよく練られている。

ミステリファンがプレイしたとしてもおもしろい。

また、しばらくして再プレイしても、おもしろい。

おもしろいミステリがそうであるように。

伏線などに気付くおもしろみがあるからだ。

ふたつめはキャラの演出。

キャラクターが個性豊かなのはもちろんだが、相手の嘘を暴"き、形成逆転したときの演出が見事だ。

キャラの本性があらわになるアニメーションも素晴らしい。

何より音楽が、盛り上げてくれる。

最後に、謎の解かせ方。

ミステリと推理ものアドベンチャーゲーム最大の違い。

プレイヤー自身が謎を解かなければ、話が先に進まないこと。

したがって、たとえ謎解きが苦手な人だとしても、謎が解けるように誘導してやる必要がある。

謎とは、明白な情報、曖昧な情報、不明な情報が複数入り混じることによって、全体像がわかりづらくなった状態だ。

謎解きが苦手な人は、何が明白で、何が曖昧なのか整理することが苦手だ。

だから、今考えるべきテーマを特定できず、謎をとけなくなってしまう。

逆転裁判は、実に秀逸な手法で、この問題を回避している。

今考えるべきテーマは常に明示され、選択肢の中から正解を当てるという作りになっているのだ。

つまり、クイズと同じ手法。

そして、今出ている問題のヒントは、必ず提示されている。

それでいて、選択肢自体は、セリフのパートだったり、証拠品であったり。

選択肢以外のものに見かけが変わっている。

だから、単なるクイズじゃねーか、と冷めることがない。

「逆転裁判」

ヒット作なので既にプレイ済みの人も多いと思うが、是非伏線の張り方や謎の解かせ方などに注目しながら、再プレイして欲しい。

新しいおもしろさに気づけるはずだ。

なお、値段は安いが、物語が追加配信であることに注意!!

基本情報

タイトル

逆転裁判

デベロッパー

CAPCOM Co.,Ltd

【43】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ゲームレビュー

エッジの鋭いホラーゲームをオススメするゲームレビュー。


この記事の関連記事

トガるとはこういうこと!昭和ジャパンでテキサス出身アメリカンヤクザが鬼や侍に変身して大暴れ!『COWBOY YAKUZA』

[投稿日]

現実と幻を行き来する不安感!有料化も頷ける充実のシリーズ最新作!『Forgotten Hill Disillusion』

[投稿日]

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日]

天使×悪魔!最強の二人が敵を倒しまくるロックンロールな爽快バイオレンスアクション「GodsTrigger」

[投稿日]

上に戻る