犯罪者が直面する現実をリアルに描いた一般市民虐殺シューティング「Hatred」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


犯罪者が直面する現実をリアルに描いた一般市民虐殺シューティング「Hatred」

[投稿日:

ホラーって、たいていシリーズを重ねるごとにホラー成分よりユーモアの成分の方が勝っていくように感じている。

映画でいえば「13日の金曜日」も「エルム街の悪夢」も、さらにはあの「リング」でさえユーモア成分を増やしていった。

ゲームでいえば以前紹介した一般市民を虐殺ゲーム「POSTAL Redux」なんて、不謹慎ゲームと言われるほどの存在だけれど、プレイするとそこにはユーモアが込められていると分かる。

一方、今日紹介するゲームは「POSTAL Redux」に近い世界観、ゲーム性を持ちながら、ユーモアがほとんどない

リアルに作られた一般市民を虐殺ゲーム「Hatred(ヘイトレッド)」だ!

目次

ココがWuah!「Hatred」の魅力は、抑えた表現で作られたリアリティ

image

「Hatred」は、一般市民や警察を虐殺しながら原発破壊を目指す見下ろし型の全方位シューティングゲーム。

タイトルの「Hatred(ヘイトレッド)」=「憎悪・嫌悪・怨恨」が示す通り、主人公はこの世のすべてを恨み、破壊しようと思っている殺人鬼だ。

image

この辺りの設定は「POSTAL Redux」とほとんど一緒だけど、ステージが始まって警察がステージ上に配置され、戦うことになる「POSTAL Redux」と違って、本作は一般市民を殺すことではじめて警察が来る

しかも、警察署からパトカーで駆けつけてくるため、若干のタイムラグが存在している。

仮に現実世界で殺人事件を犯したら、通報されてはじめて警察が駆けつけてくることになるため、本作のつくりは非常にリアルだ。

これだけでも「POSTAL Redux」がどれだけゲームのお約束に従っているかよくわかる。

image

また、ビジュアル表現も非常にリアル。

チープさとコミカルさの同居するデザインを持った「POSTAL Redux」と違い、本作のビジュアルは徹底的にリアルでディフォルメせずに作られている。

「POSTAL Redux」はマップ上の家の中に入ることができなかった。これもまたゲームのお約束だが、本作ではすべての家に侵入可能

また、マップ内に配置された車も運転することができる。

こうした点もリアルさに貢献していると思う。

image

本作は2Dのように見えて、実際のところは3Dで作られている。

3Dであることを活かした演出が、処刑演出。

息も絶え絶えの人間に迫り、トドメの処刑を刺す際にはグーンとズームアップ。スラッシャー映画バリの処刑シーンを見せてくれる。

この処刑シーン、ただホラー演出に留まっていない。

実行することで主人公のHPを回復するという機能性も持っているのだ。

処刑でHPが回復するというこの点は、リアルな本作の中で感じられる数少ないゲーム的お約束のひとつだと思う。

操作は複雑!?爽快感よりもホラー性を味わうゲーム?

image

ココまでの内容から、ビジュアルはさておき、ゲーム的には「POSTAL Redux」的な爽快ゲームを連想したかもしれないが、本作は爽快ではない

爽快ではないひとつの原因が、ビジュアルスピードから来ているように思う。

ビジュアルについてはモノクロ表示なので、移動可能な場所なのかそうでないのかがパッと見で判断できない場合があり、意図通りに動けないケースがあった。これはゲーム的に致命的とまではいえないものの、若干欠点といえるかもしれない。

スピードについては、そもそも移動速度がそこまでスピーディーに作られていない。左シフトキーを押しながら移動することでダッシュできるものの、ダッシュしてもそれほど速いとは言えない。

なので、ガンガン移動して敵を撃ち殺していくという爽快系シューティングのようなプレイ感は味わえないのだ。

加えて敵はなかなかの強さを持っている。イージーでプレイしても、ステージ1で苦戦する人は少なくないだろう。

image

ただ、見方を変えれば、こうした点も、リアルと捉えることができるように思う。

もし仮に現実でこういう事件を起こすとしたら、たった一人で警察の猛攻を突破することは不可能だ。

なので、実は表面上が似ているからと言って、本作は「POSTAL Redux」を求めてプレイするゲームではない

そうではなく、犯罪を起こす人間が直面する現実を極めてリアルに追体験できるホラーとしてプレイするのがオススメ。

ゲームを通じて、孤独感や重苦しさや息苦しさといった感情を味わえるだろう。

基本情報

タイトル

Hatred(ヘイトレッド)

デベロッパー

Destructive Creations

配信会社

Destructive Creations

対応ハード

PC

価格

Steam

620円

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Hatred】 【バイオレンス】

この記事の関連記事

天使×悪魔!最強の二人が敵を倒しまくるロックンロールな爽快バイオレンスアクション「God s Trigger」

[投稿日 ]

「Hotline Miami」以来の傑作!爽快でスリルフルなアクションと謎めいたストーリー、美しいドット絵で魅せるサイドビューアクション「Katana ZERO」

[投稿日 ]

激ムズ難易度で繰り返される死と再生!加えて血しぶきブシャー!の爽快さを持ったFPS「STRAFE: Millennium Edition」

[投稿日 ]

死のスリルを感じながら瞬間的な命のやりとりを楽しむ爽快感!トランスできる全方位シューター「RUINER」

[投稿日 ]

迫り来る冒険者をどう殺す?トラップの極悪な組み合わせを考えるのが楽しすぎるタワーディフェンス「ダンジョン・ウォーフェア2」

[投稿日 ]

深夜にウェーイ!とバカ騒ぎするクソッタレなパリピどもをぶち殺せ!ステルス・アクション「Party Hard 2」

[投稿日 ]

「LET IT DIE」恒例「己を超えろ!バルブの塔 限界突破イベント」が開催!

[投稿日 ]

殺るか殺られるか?2121年のサイバーシティでシンセウェイブを聴きながら一瞬の命の奪い合いにハマる!「AKANE」

[投稿日 ]

アイエエエ!電脳空間で繰り広げられる爽快なバトルとカオスな世界観が楽しいシューティング「AREA 4643」

[投稿日 ]

薬物によるドーピングで半不死身化した人間達が殺し合う!おぞましくも爽快なバイオレンスゲーム「Mother Russia Bleeds」

[投稿日 ]

正義・悪・陰謀・暴力がごちゃまぜになった現実のような世界を舞台に、日々の警官業務をこなすアクションアドベンチャー「Beat Cop」

[投稿日 ]


上に戻る