悪夢の中をもがいて逃げるような不気味な恐怖!「Identity V」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


悪夢の中をもがいて逃げるような不気味な恐怖!「Identity V」

[投稿日:

何かから逃げる夢を見たことがあるだろうか。

逃げても逃げても追いかけてくる何者か。

それが何かもわからない。でも逃げる。

時に、夢だから走っても走っても前に進まないなんて不条理も起こりうる。

そんな感覚の恐怖が味わえるのが「Identity V」。

目次

ココがWuah!「Identity V」の魅力は悪夢の中でもがくような不気味な怖さ

image

「Identity V」はPCゲーム「dead by daylight」をモバイルに向けて翻案したゲームだ。

4人の生存者が協力し、襲いくる殺人鬼から逃げる…というメイン部分は一緒。もちろん、殺人鬼として生存者を捕らえるためにプレイすることもできる。

生存者としてプレイする場合はマップ中にある通信機を起動し、ゴールを開いて脱出しなければならない。

一方、殺人鬼側でプレイする際は、生存者達を捉えて処刑すればok。

image

大きな違いはヴィジュアル面。「DbD」が「13日の金曜日」や「ハロウィン」と言ったスプラッター映画の世界観を再現しているのに対し、「Identity V」は、ティムバートン監督作品のような、ダークファンタジー的な不気味な世界観を描き出している。中でも瞳にボタンのついたキャラクターデザインは、「コララインとボタンの魔女」のようだ。

処刑も実際に殺害する「DbD」に対し、「Identity V」ロケットのついた椅子にくくりつけて飛ばすというものになっている。

そして、このことが「DbD」と「Identity V」の怖さを分けているように思う。

「DbD」が追われる怖さなのに対し、「Identity V」は逃げる怖さのように思うんだ。

それはつまり、悪夢の中を逃げる、もどかしい怖さ

恐怖を補強するスマホの操作感

image

もしかすると、スマホの操作であることがこのもどかし怖さを補強しているのかもしれない。

PCと違いスマホでは、操作している実感が少ない。タッチパネルで、ボタンを押す物理的な感覚がないから。

だから、逃げても逃げてもスピードが上がらない悪夢のようだ。

image

ただ誤解のないよう書いておくと、Identity Vの操作システムはすこぶる良好。スマホでも違和感なくプレイできる。操作性は非常にいい

伝えたいのは、「DbD」からホラー性をそぎ落とした一般向けゲームのように見えるかもしれないけど、実際には怖さの質が違うんだぜということ。

スマホの気軽さだけでなく、悪夢のような不気味さを味わいたいなら、「DbD」より「Identity V」を選ぶ理由があると言ってもいいだろう。

基本情報

タイトル

Identity V

デベロッパー

NetEase Games

配信会社

NetEase Games

対応ハード

iOS/Android

価格

無料

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Identity V】 【非対称対戦ゲーム】

この記事の関連記事

「Identity V」でイースターイベント開催

[投稿日 ]

「Identity V」で新サバイバー「呪術師」リリース!神秘的に呪いの力が登場

[投稿日 ]


上に戻る