生活感を感じる風景で不安感を積み重ね、能面の怪物で一気に恐怖を煽る!悲鳴を上げるほど怖い「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


生活感を感じる風景で不安感を積み重ね、能面の怪物で一気に恐怖を煽る!悲鳴を上げるほど怖い「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」

[投稿日:

今はガンガンにホラーを見ることができても、幼いころは怖くてホラーなんてとてもとても…という子どもだったという人は、少なくないハズ。

子どものころは、親と遠く離れるだけでも恐怖を感じるもの。

もちろん成長と共に恐怖は薄れていく。

でもあの子供のころの恐怖は、心に沁みついているものだ。

そう感じさせてくれるのが「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」というゲームだ。

目次

ココがWuah!「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」の魅力は昭和の生活感を感じさせる身近な恐怖

image

「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」は、能面をつけた追跡者を回避しながら探索を進める3Dアドベンチャーゲーム。

まずこの能面をつけた追跡者が怖い

image

そもそも能面が怖い

うろ覚えだけど、子どものころ、親戚の家の和室に能面がいくつか飾られていたのを見て怖さを感じたのを覚えている。

あと、この怪物のフォルムや動きが不気味で、恐怖を誘うものになっている。

それが追ってくる。近づくたびに鈴の音のテンポが速まる。そりゃ怖いわ!

はじめて捕まった際には悲鳴を上げてしまった。いやはや、怖い。

image

ただ、本作の怖さって、この能面の追跡者だけじゃないように思う。

能面の追跡者に至るまでの不気味な雰囲気の積み重ねがウマい。

まずは、スタート地点の路地ですよ。

image

住宅街の裏路地を進んでいくんだけど、ブロック塀の形とか、絶妙に昭和を感じさせる作り

だから、子どもの頃の記憶が刺激される。

子どものころ、こういう薄暗いとこ、怖いって思ったよなーみたいな。

なので、心に「恐怖」が湧いてくるんだよね。じわじわと。

さらに、「そんなとこに地蔵とかねーだろ!」って絶妙な位置に地蔵が置かれている。

この違和感がさらに不気味さを煽ってくる。「なんかこの街おかしくねーか?」みたいな感じ。

そうやって恐怖感を積み重ねていっての能面ですから、そりゃー悲鳴を上げるほど怖いわけですよ。

ダッシュとしゃがみ移動で3D空間を探索

image

ゲームシステムとしてはとてもシンプルで、ようは目的地目指して3D空間を移動すればOK

途中にはアイテムの必要な扉などがあるので、アイテムを見つけて、手に入れたアイテムを使って道を切り開いていく。

追跡者が登場した場合、ダッシュ移動で距離を稼ぎ、アイテムの爆竹を使って別方向に敵の注意を逸らし、追跡者に気づかれないようしゃがみ移動でやり過ごす形だ。

image

本作の怖い雰囲気があると、おっかなびっくりプレイするから、難しく感じてしまう。

でも、冷静にゲームシステムを書くと、さほど難しいゲームではない。

誰でも気軽にプレイできるゲームなので、ホラーゲー好きは是非プレイして悲鳴を上げよう。

子どものころ、昭和の風景の中で過ごした人には特におススメだ!

基本情報

タイトル

Kageroh: Shadow Corridor

デベロッパー

KazukiShiroma

配信会社

KazukiShiroma

対応ハード

PC

価格

820円

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Forgotten Hill Mementoes】 【脱出ゲーム】

この記事の関連記事

前作を超える恐怖演出のボリュームとバリエーション!正当進化した続編「続・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯・真相編」

[投稿日 ]

二次元に見えている絵画の中には360°の怖ろしい空間が広がっている!ホラー脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」

[投稿日 ]

近所迷惑注意!身近な場所でショッキング系ホラー演出が繰り出されるから悲鳴必至なホラーゲーム「脱出×和風ホラー:夢怨」

[投稿日 ]

怪異の過去に秘められたいわくへ切り込んでいく脱出ゲーム「脱出ゲーム:呪巣 -零ノ章-」

[投稿日 ]

360ぐるりと回れる操作システムで廃病院の恐怖を描いた脱出ゲーム「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」

[投稿日 ]

陽気な雰囲気の中に漂う不気味さが怖い!脱出ゲーム「Forgotten Hill: Puppeteer」

[投稿日 ]

不気味な儀式を行う背徳感が楽しめる脱出ゲーム「Forgotten Hill Mementoes」

[投稿日 ]

これぞお化け屋敷的ゲーム!怖さのために構築された「脱出ゲーム:呪巣 -怨ノ章-」

[投稿日 ]

怖い。でもビジュアルはコミカル。でもだからこそ怖いんだ!ホラー脱出ゲーム「青鬼」

[投稿日 ]

生理的嫌悪感によって生み出される不安!「Forgotten Hill: Fall」

[投稿日 ]

見たいものを見たいように見てしまう!人間の性(サガ)の怖さ「脱出ゲーム:ギフト」

[投稿日 ]

かぐわしく薫り立つ便所臭!臭気と狂気がイヤーンな脱出ゲー「脱出ゲーム:赤い女」

[投稿日 ]

悪夢のように濃密に漂う不安感!「Forgotten Hill: Surgery」

[投稿日 ]

こんなとこ殺しが起きるに違いないじゃん!「Forgotten Hill Tales: Little Cabin in the Woods」

[投稿日 ]


上に戻る