単調さが残念な、バイオレンスゲーム。Kroll!

[投稿日:

ヒャッハー!KarzZombieだ。

ロックンロールの魂は、ドラムが刻む。

どんなにイカしたリフが流れていても、ドラムのリズムが単調じゃあ味気ない。

そんな残念なロックのようなゲームがKrollだ。

──と、ここまで書いておいてアレだが、最近アップデートされ、刀龍 - Legend of Kroll -というゲームになったようなので、再度ダウンロードしてレビューします!!

以降は、以前のバージョンというコトでひとつよろしく!!

「Kroll」

Krollは、横スクロール型のベルトアクションだ。

ファイナルファイトのようなゲームと言ってイイ。

「Kroll」

操作は、画面左右に表"示された移動ボタンと、攻撃ボタンをタップすることで行う。

右の移動ボタンをタップすれば右に移動。

左の移動ボタンをタップすれば左に移動。

右の攻撃ボタンをタップすれば右を攻撃。

左の攻撃ボタンをタップすれば右を攻撃。

おっと、同じように単調な文が書いてあるから、すんなり読んじまっったか?

最後の文章は間違いだ。

左の攻撃ボタンをタップすると、当然、左を攻撃だ。

そして、攻撃には弱と強があり、それぞれ隙の多さと攻撃力が異なっている。

「Kroll」

Krollが単調なのは、ひとつにスクロールが左右にしかないという点に原因がある。

ファイナルファイトのようなベルトアクションは、左右及び前後の奥行きに移動できる。

これによって、一度に複数の敵から攻撃されたり、攻撃したり、敵の後に回り込んだり、回り込まれたりといった状況が生まれる。

これがゲームのリズムに変化を与える。

しかし、krollの場合、基本的に敵が複数出る状況というのは、前後から挟み撃ちにされる状況なワケで、おもしろさに貢献していないのだ。

ボス戦については、ヒーローオブスパルタ的な、ボタンタップイベントを用意しており、ゲーム性に変化をつけようという様子が見えるだけに、残念な出来だ。

基本情報

タイトル

刀龍 - Legend of Kroll -

デベロッパー

Digital Legends Entertainment

【アクション】【ベルトスクロール】【アプリ】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ゲームレビュー

エッジの鋭いホラーゲームをオススメするゲームレビュー。


この記事の関連記事

トガるとはこういうこと!昭和ジャパンでテキサス出身アメリカンヤクザが鬼や侍に変身して大暴れ!『COWBOY YAKUZA』

[投稿日]

現実と幻を行き来する不安感!有料化も頷ける充実のシリーズ最新作!『Forgotten Hill Disillusion』

[投稿日]

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日]

天使×悪魔!最強の二人が敵を倒しまくるロックンロールな爽快バイオレンスアクション「GodsTrigger」

[投稿日]

上に戻る