穏やかだが不安を感じさせるモノクロームの世界を残酷に進め!「語らない」スタイルが特徴のホラーアドベンチャー「LIMBO」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


穏やかだが不安を感じさせるモノクロームの世界を残酷に進め!「語らない」スタイルが特徴のホラーアドベンチャー「LIMBO」

[投稿日:

いかにも不安感をあおる、不気味な雰囲気で恐怖現象が起きる…というのはもちろん怖い。

しかし、明らかに恐怖現象など起きないだろう…という凪のような状態から恐怖現象が起きるというのも怖い。ギャップの怖さがある。

これが絶妙に作用しているのがシリーズ第一作目となる「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」だと思う。

いかにも美少女ゲーム的な和気あいあいとしたノリがあるからこそ、ギャップによって後半のホラーめいた展開の恐怖が引き立つ。あれは怖い

今回紹介する「LIMBO」もまた、そんな雰囲気を持ったゲームだ。

目次

ココがWuah!「LIMBO」の怖さは、穏やかな中に漂う残酷さにある

image

「LIMBO」は、横スクロールのホラーアドベンチャーゲーム。

影絵のような主人公が、モノクロームで描かれた背景の中を、パズルを解きながら進んでいく。

背景にはぼかしがかかっていて、とても柔らかく、穏やかな印象だ。

しかし、穏やかなのにどこか、不安感を感じさせる。

image

不安感を煽っているひとつは、孤独感だ。この世界には、誰もいない。主人公ただ一人。孤独なのだ

さらに、木や草の生え方、枯れ方がどこかおどろおどろしく、不気味にも見える。

だから、穏やかでやわらかなグラフィックなのに、どこか居心地が悪い

image

本作のタイトルを考えれば、この居心地の悪さも納得ができる。

「LIMBO」とは、死亡した人間が地獄に行く前に留まる場所のことを言う。

もちろん、主人公のいる場所が「LIMBO」とは限らない。

本作は一切言葉による説明が省かれているからだ。

プレイヤーは、背景やギミック、登場するキャラクターといったものから本作のストーリーを自分で解釈しなければならない

ただひとつ、主人公が妹を探してこの場所に入ったということは明らかだが、そこから先はすべて我々の解釈に任されているのだ。

こうした見せ方も、不安定さを醸し出す要因のひとつだろう。

image

そして、穏やかだが不安感を抱かせる世界を進んでいくと、待っているのは凶悪なトラップだ。

尖った杭が埋め込まれた穴、鋭いトラバサミ、巨大なクモの化け物…。

いずれも、接触すると主人公は即死

しかも、血を吹き出しながら体がバラバラになるというむごい演出付きだ。

このギャップ感が恐ろしさを煽ってくる。間違いなくここは地獄に近い場所なのだと思わせてくれる。

そして、トラップを超えるためにも、こうしたトラップを利用する。

ロープを活用するためロープの先端についている死体をトラバサミで破壊したり、クモの化け物の足をトラバサミで破壊したり…。

これがまた、残酷さを引き立てているように思う。

アクションゲーム的な操作だがアクション性はさほど高くない

image

プレイヤーが行える基本的なアクションは、左右の移動に加えてジャンプ。

また、船や台車、トラバサミなど、動かせるものに接触した場合、左右に動かすことが可能だ。

一見アクションゲーム的な操作に思えるが、一般的なアクションゲームで求められるような、いわゆるアクション性は求められない

image

どういう操作をすればトラップを突破できるか?何をどこに動かせばいいか?というのがゲームのメイン。

なので、パズルゲームに近いプレイ感だ。

時間をかけてプレイすれば先に進むことができるので、こうした不気味な雰囲気が好きという人や、アーティスティックな、「多くを語らない」タイプの作品が好きという人にオススメしたい。

基本情報

タイトル

LIMBO

デベロッパー

Playdead

配信会社

Playdead

対応ハード

PC/iOS/Android

価格

iOS

480円

Android

593円

Steam

980円

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【LIMBO】 【アドベンチャー】

この記事の関連記事

子どものころの夜の闇が持っていた怖さを思い出させてくれる貴重なホラーアドベンチャー「夜廻」

[投稿日 ]

息をひそめて化け物をやり過ごす怖さ!船を舞台にしたホラーアドベンチャー「3Dホラーアドベンチャー:Panic Ship」

[投稿日 ]

これが病院!?絶妙に汚らしい上即死トラップ満載の病院から脱出することを目指すホラーアドベンチャー「閉鎖病棟」

[投稿日 ]

目が使えず耳だけが頼り!音だけで進む不安感が恐怖を呼ぶホラーアドベンチャー「Umwelt」

[投稿日 ]

その行動はあっているか?一手一手確認しながら進む緊張感のあるホラー「死印」

[投稿日 ]


上に戻る