「MOON RISE EFFECT」PV声優・升野紗綾香がストーカーにリベンジ!配信前プレイ&対談

[投稿日:

[修正日:

「MOON RISE EFFECT」配信開始まであと1週間!

衝撃のサイコホラーと名乗っているこのゲーム、一体どんなゲームなんだ?と思っている方もいらっしゃると思います。

そこで、「MOON RISE EFFECT」のショートドラマ風PVで声の演技を行っていただいた升野紗綾香さんに、一足早く体験プレイしてもらいました!

升野紗綾香:声優・役者として活動中。株式会社Wuah「探偵フクロウとウソつき村」でカナ、ユルリ、カプ太といったキャラクターのボイスを担当。音声企画【Alice In CarnabarnI】帽子屋で参加。

Wuah 田中一広(以下、田中):

この度はショートドラマPVでの声の演技、ありがとうございました!

升野紗綾香さん(以下、升野):

こちらこそありがとうございました!

田中:

こちらがその、「MOON RISE EFFECT」です。タイトル画面で「FULL MOON SIDE」を選んでいただくと、ゲームがスタートします。チュートリアルから始まりますので、基本的にプレイ中、俺は黙っていますね…!

升野:

わかりました!

──升野紗綾香さん早速プレイ開始!──

(※升野紗綾香さんが行ったプレイ内容ではありませんが、プレイ内容がわかりやすいよう、以下にプレイムービーを掲載しました。ご参考にどうぞ!)

──升野紗綾香さんは5つめのステージとなる「Day5」まで進むものの、あえなくストーカーに侵入されてしまい、ゲームオーバー!──

田中:

お疲れ様です!体がビクッとするほどの反応、こちらの予想通りバッチリでうれしいです(笑)ゲーム内容はいかがでした?

升野:

最初に「MOON RISE EFFECT」の設定を見て思ったのが知り合いに見せてもらった「five nights at freddy’s」というゲームなんです。

田中:

おおー!「five nights at freddy’s」は傑作ですね!俺もあのゲーム大好きです。

着ぐるみロボット店員をウリにしたピザ屋を舞台にしたホラーゲーム。ピザ屋の夜間警備員となった主人公が、恐怖の夜を過ごすことになる。警備員室内のカメラでロボットの状況を確認、ロボットが近づいてきたらシャッターを閉じなければならない。電力の残量に制限があるため、ず〜っとシャッター閉じっぱなしというわけにいかないところがスリリング!

升野:

接近してくる相手を追い払うという意味では「five nights at freddy’s」っぽい感じなのかなと思ったのですが、壊された場所を直す道具を自分で探してゆく…という部分でプレイ感が違いますね。あと、個人的にはこちらの方が断然怖かったです…。途中途中に、怖い演出を挿んでくるので、思わず、ビクッ!としちゃいます。「予想通りの反応」って言われて悔しい…(笑)

田中:

誉め言葉として受け取っておきます(笑)

升野:

あ、ただ、イヤホンしてても音を大きくしないとBGMが聞こえにくいかもしれません。多分、ゲームオーバー時のにビクッ!としちゃったのは普段のBGMが小さかったからなんじゃないかな!? 多分そのせいなんじゃないかなー!?…なんて…(笑)

田中:

(笑)…なるほど。普段のBGMについては、リリース後のアップデートを検討しておきましょう。

升野:

あと、アイテムを交換しつつ修理する…というゲームルールは、説明だけだと「やることが単調だな」と思っていたんですが、やってみると単調ということはないですね。飽きた、という感覚はなかったです。ちなみに、ゲームオーバーになっちゃいましたけど、ゲームオーバーになったらまた最初からなんですか?

田中:

いえ、死亡した「Day」から続きをプレイすることができますので、今回の升野さんの場合は「Day5」からプレイできます!

升野:

そうですか!それはよかったです。プレイした部分だけでも指が慌ただしく動いたので、これ以降の展開は、ちょっと自信ないかもしれません…。

田中:

まだちょっと詳しくは言えないんですが、アイテムの置き方にコツがありまして。そこに気づくか?というのが攻略のポイントになっています。

升野:

それなら先もプレイできそうですね。あと、演出で、ストーカーが窓から覗いている…というのは、嫌でした。中に入られているのか、入られていないのか…っていう点や、実際にありそうなところが気持ち悪いです。感情移入してプレイしていると、気持ち悪さが倍増しますし。

プレイムービー2のラストにも登場する、窓から覗くストーカーがこちら!

田中:

リアルに考えると、「いやお前、カギは壊しているわ、窓から覗いているわ…っていう状況なんだったら、もう部屋の中入って来いよ!」って思う人もいるかもしれないですけどね(笑)ただ、ストレートに部屋に侵入するっていうよりも、弄ぼうとしているところに、「危険」とは違う、「おぞましいような怖さ」があるかな…と思って作りました。

升野:

確かにこのストーカー、怖がらせることを楽しんでいる感がありますよね(笑)壊すんだったら一気に壊して入ってくればいいじゃん…コイツ、確実に楽しんでんだな…という感じ。

田中:

これは僕の個人的な意見なんですけど、たとえば幽霊でいうと、直接的に攻撃してくるのってあんまり怖くないな…と思ってまして。そういう、わかりやすい攻撃とか、むき出しの敵意って、言ってみれば猛獣と変わらない。もちろん猛獣も実際に目の前にしたら怖いんだけど、ホラーに求めている怖さとして、「敵の強さそのものが怖い」ってのはちょっと違うかな、と。むしろ、自分の横に血まみれの霊がただただ突っ立っていて、何をするでもないけど、恨めしそうな目で見ている…。目つき的にこちらに敵意を持っていることはわかるんだけど、攻撃してくるわけじゃない、一体何をしようとしているのか分からない…という方がホラー的な怖さだな、と思うんです。

升野:

確かに、何か行動されたら、その行動に対する恐怖心は感じますが、何もされないって形だと、そもそも相手の意図がわからないので、怖さ倍増しますね…。そういえば、私、悲しいほど怖い体験をしたことがないんです…。怖い体験もそうですし、不愉快な体験も。なので、こういう場で恐怖体験エピソードを語ることができないんですよね(笑)

田中:

それは…逆によかったですよね(笑)ない方がいいに決まってます。ただ、声のお仕事とか、演技のお仕事とかされているわけじゃないですか。そうしたお仕事って、どうしても自分自身が人前に露出しなければならないシチュエーションがありますので、ファンの方から一方的な感情を寄せられる…ということもありそうなんですけど、そうしたこともないんですか?

升野:

悲しいことにないんです。…もちろん、今回のこのゲームのような怖い系は断然、ごめんこうむりますけど(笑)ちなみに、もし田中さんがこうした状況になったらどうしますか?

田中:

えー…、こうした状況ですか。1夜目は避けようがないので、夜が明けたら弁護士に相談して、その日はホテルに泊まりますね。

升野:

…………夢、ないですねぇ…。

田中:

夢なの!? ストーカーって夢!?(笑)いやまあ…ホラー作っているクリエイターとしては、確かにこう、もっとホラー的にソソる行動をした方が夢を作り出せるかもしれませんね…。もしそういう事態に遭遇したら、もう少しスリリングな行動を取れるように心がけます(笑)…というわけで、本日はありがとうございました!

升野:

ありがとうございました!

「MOON RISE EFFECT」は現在配信中!

ダウンロードはこちらから。

製品仕様

対象OS

iOS/Android/Kindle

価格

240円

【moonriseeffect】【脱出ゲーム】【アプリゲーム】【升野紗綾香】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

MOON RISE EFFECT(ムーンライズエフェクト)

ストーカーの襲撃を朝まで耐えきれるか…?
衝撃のサイコホラーゲーム。

この記事の関連記事

長い夜──『MOON RISE EFFECT』BGMサウンドトラック

[投稿日]

MOON RISE EFFECT(ムーンライズエフェクト)

[投稿日]

「MOON RISE EFFECT」Kindle Fire版をリリースしました

[投稿日]

徹底攻略!「MOON RISE EFFECT」

[投稿日]

上に戻る