逃れられない暗闇の恐怖、「無限廃坑」2019年3月23日(土)開業 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


逃れられない暗闇の恐怖、「無限廃坑」2019年3月23日(土)開業

[投稿日:

富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市)では、 今月グランドオープン50周年を迎える富士急ハイランドに、 2019年3月23日(土)、 暗闇の恐怖を体感するダークライドアトラクション「無限廃坑(むげんはいこう)」をオープン。

目次

「無限廃坑(むげんはいこう)」とは

image

このアトラクションは、 この地一帯を武田信玄が治めていた時代に掘られたのち、 信玄の埋蔵金を狙う盗掘者たちによって数々の凄惨な事件が起きたため、 長い間封鎖されていたとされている“いわくつきの廃坑”が舞台で、 深い闇がどこまでも続くこの廃坑に入り込んだ体験者は、 古びたトロッコに乗り込み、 ヘッドホンを付け両腕を拘束され身動きがとれない状態で、 怨念渦巻く廃坑の奥深くへと入っていくこととなる。

一寸先も見えない暗闇の中で、 体験者を待ち構えるものとは…。

暗闇による恐怖心を最大限引き出すため、 坑道内には五感に訴えかける30種類以上のギミックが仕掛けられている。

さらに、トロッコには、アトラクションとしては世界初となる“自走式ロボットライド”を活用しているほか、 ヘッドホンによる“3Dサウンド演出”が体験者の意識を闇の廃坑内に引きずり込む。

逃げられない暗闇の恐怖に襲われる「無限廃坑」にぜひご挑戦しよう。

アトラクション概要

施設名

無限廃坑(むげんはいこう)

定員

2名(1台あたり)

乗車時間

約5分

利用制限

無し ※12歳未満は中学生以上の付き添いが必要です

利用料金

1,500円 ※フリーパス利用可

自走式ロボットライドについて

本アトラクションで使用している自走式ロボットライドは、 株式会社Doog(ドーグ)が開発製造する2人乗りのスマートモビリティ「モビリス」を、 株式会社チェルカがライドアトラクション化したもので、 床面に貼った反射テープをライドが赤外線で読み取ることで、 事前にプログラムされた加減速・停止・発進・後進・回転等様々な動きを行うことができるという。

富士急ハイランド データ

営業時間

平日

9:30~17:00

土休日

9:30~18:00

(詳細は WEB サイトをご覧下さい)

休園日

2019年4月11日(木)、 18日(木)

料 金

入園料

無料

フリーパス

おとな 5,700 円/中高生 5,200 円/こども(7歳以上)4,300円

交 通

新宿から中央自動車道で約 80 分、 河口湖 IC に隣接

東京から東名高速道路・御殿場 IC、 東富士五湖道路経由で約 90 分

バス

新宿から高速バスで約 100 分、 富士急ハイランド下車

東京駅から高速バスで約 110 分、 富士急ハイランド下車

※首都圏の他、 名古屋、 関西等、 30 ヶ所以上から直通バス運行中

電車

JR 中央本線大月駅で富士急行線に乗換富士急ハイランド駅下車

大月駅から約 50 分

お問合せ

山梨県富士吉田市新西原 5-6-1

富士急ハイランド

TEL

0555-23-2111

WEBサイトURL

https://www.fujiq.jp/

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【無限廃坑】

この記事の関連記事


上に戻る