敵か?味方か?動物さえも入り乱れる衝撃の 追加キャラクター9人&5匹!?遂に解禁!映画「バイオレンス・ボイジャー」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


敵か?味方か?動物さえも入り乱れる衝撃の 追加キャラクター9人&5匹!?遂に解禁!映画「バイオレンス・ボイジャー」

[投稿日:

世界各国の映画祭から絶賛を受けた映画「バイオレンス・ボイジャー」が、5月24日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかにてロードショー。

全世界がガクブルしたというその内容とは?

目次

「バイオレンス・ボイジャー」とは

image

日本の山奥に住むアメリカ人少年ボビーと友人のあっくんが、村はずれの山に遊びに出掛けた際に見つけた娯楽施設、バイオレンス・ボイジャー。

楽しく遊んでいたはずが、次第に恐怖のアトラクションへと変貌して…。

アニメーションと漫画(劇画)を融合した表現方法であるゲキメーション作品にして、ホラー、アクション、コメディ、クライム、ドラマ、ファンタジー、ミステリー、ロマンスなど、あらゆるジャンルを詰め込んだ、史上初の全編ゲキメーション長編映画。

キャストとスタッフ

既報の通り、監督は、監督・脚本・編集・キャラクターデザイン・作画・撮影の6役を担当し、3年の歳月を掛けて本作を完成させた、孤高の天才作家、宇治茶。

主人公・ボビーの声に魔法少女まどか☆マギカ」ブギーポップは笑わない」などに出演した人気声優の悠木碧。

ボビーの父親・ジョージの声に、映画「みんなのいえ」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した経歴を持つ、ココリコの田中直樹。

ボビーの母・よし子の声に、VOCALOIDシリーズ 初音ミクの音声データ提供で知られる藤田咲。

ボビーの友達・あっくんの声に、声の出演経験も多い、サバンナの高橋茂雄。

ボビーとあっくんの親友・たかあきの声に、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ、「おそ松さん」で知られ、声優の活動以外にも幅広い活躍を見せる小野大輔。

謎の娯楽施設バイオレンス・ボイジャーの運営者・古池の声に、俳優、ナレーター、映画監督とマルチな活躍の田口トモロヲなど、声優、芸人、俳優と、豪華かつバラエティ豊かな実力派が結集。

ナレーションには松本人志が特別出演。

2013年公開の監督作「R100」以来の映画作品に参加し、かつて誰も観たことのない映像世界が出来上がった。

追加キャラクター

image

今回、3月27日(水)に解禁された追加キャラクターは、謎の娯楽施設バイオレンス・ボイジャー」の秘密を知る男・猿吉じいさん、主人公ボビーの病弱な母・よし子、ボビーの同級生で女番長のキョウコと仲間たち、バイオレンス・ボイジャー」に住む謎のロボット、バイオレンス・ボイジャー」に捕らわれたこうすけ、さやか、ボビーの飼い猫・デレク、猿吉じいさんの飼いチンパンジーのカンジ、バイオレンス・ボイジャー」で飼われる犬・スパーコの他、熊、迷子の吸血コウモリ・キュー、謎の子どもたちの計9人と5匹。

誰が味方で誰が敵なのか!?何故か動物のキャラクターが多く登場する本作。

ただ単に監督の趣味なのか、深い意味があるのか。謎は深まるばかり。

真相が明かされる、5月24日の公開が楽しみだ

予告編

公式HP

http://violencevoyager.com

ストーリー

娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”は、恐怖のアトラクションへと姿を変えた。そして…。

日本の山奥の村に住むアメリカ人少年のボビーは、数少ない友人のあっくんと飼い猫のデレクを連れて、村はずれの山に遊びに出かけた。その道中、娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”と書かれた看板を発見した彼らは、その看板に惹かれて施設を目指すことに。

施設のアトラクションを堪能し、遊び疲れて休息していたところ、ボビーたちはボロボロの服を着た少女・時子と出会う。

彼女は数日前からここを出られずにいると言い、行動を共にすることに。

彼らはさらに、先客として迷い込んでいた村の子どもたちとも出会うが、謎の白いロボットによる襲撃を受け、子供たちたちは次々と捕獲されて行ってしまう。

時子の救出とバイオレンス・ボイジャーの謎を解き明かすため、ボビーは立ち上がるのだった…!

「バイオレンス・ボイジャー」詳細

2018 年/日本/ゲキメーション/カラー/83 分/ビスタサイズ/PG12

監督・脚本・編集・キャラクターデザイン・作画・撮影

宇治茶

声の出演

悠木碧/田中直樹(ココリコ)/藤田咲/高橋茂雄(サバンナ)/小野大輔/田口トモロヲ/松本人志(特別出演)

制作

よしもとクリエイティブ・エージェンシー・A-toys

製作

吉本興業

配給

よしもとクリエイティブ・エージェンシー (C)吉本興業

公開日

5月24日(金)より、シネリーブル池袋ほか、全国順次ロードショー。

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【バイオレンス・ボイジャー】 【映画】

この記事の関連記事

映画『バイオレンス・ボイジャー』公開記念!「宇治茶監督展」開催決定!

[投稿日 ]


上に戻る