「Identity V」で新サバイバー「呪術師」リリース!神秘的に呪いの力が登場 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


「Identity V」で新サバイバー「呪術師」リリース!神秘的に呪いの力が登場

[投稿日:

「Identity V」に非常に特別なサバイバーキャラ「呪術師」がまもなく登場する。

「Identity V」ゲーム公式サイトが今週の更新後、 呪術師-パトリシア・ドーヴァルがS5・真髄2宝箱とともに先行登場すると発表した。

目次

呪術師-パトリシア・ドーヴァルとは

image

呪術師-パトリシア・ドーヴァルは神秘的な出身であり、とても個性的な出で立ちで、人々がまだ知らない不思議な能力-呪術を身につけている。

この昔から長く伝わる呪いの術は、ハンターたちにどんな衝撃をもたらすのか…!?

「呪術師」の神秘的な背景

呪術はこの世界でずっと神秘的なベールに包まれている。

実在するかのように言われてはいるものの、本当にそれを理解している人は非常に少ない。

今回「Identity V」の新キャラ「呪術師」は、 この呪術を掌握できる数少ない人物。

呪術師-パトリシア・ドーヴァルは奴隷船の上で生まれた孤児であり、ハイチから来た母が奴隷船の上で亡くなってから、 生きてニューオーリンズに到着した。

船主に街で捨てられた彼女は、幸運にも新しい母に出会うことができ、この新しい母について成長。

草薬・医術・呪術を学び、恐ろしい能力を育んだ。

そして成人後、彼女はまだ見ぬ故郷に行って自分のルーツを探そうと決める…。

しかし、その土地に足を踏み入れた時、血筋に隠れていた呪いがひっそりとよみがえり、彼女に止むことのない苦痛をもたらした。

この困難を解決するために、彼女は荘園にやってきたのだ。

「呪術師」の外見の特徴

image

パトリシアは神秘的な経歴の呪術師であり、彼女の外見は荘園のサバイバーの中で独特の風格がある。

彼女の黒ずんだ皮膚・信仰による入れ墨は彼女の毅然とした容貌とセットであり、更にいつも携帯しているサルの魔像はある種とても独特で神秘的な美的センスをもたらす。

その強大な呪いの力に加えて彼女の美しさの姿は、いつも刺激的な対戦の中で出現する。

「呪術師」S5・真髄2先行登場

image

新キャラ「呪術師」は、更新後に開放されたS5・真髄2宝箱において先行登場する。

宝箱の中で呪術師UR衣装「宿命」を獲得すれば、 「呪術師」をアンロックして先行使用可能。

(※一時的にランク戦および協力狩りの中では使用できない)。

「パトリシアは宿命のアンサンブルを着用し、 ダークオーキッドの金で縁取りしたスカート、 金色の手足ブレスレットを組合せ、 また彼女には神秘的な入れ墨トーテムは、 彼女の体内に隠されている血と同じように、 人に恐ろしいと思わせ同情の心を抱かせる。 」

できるだけ早く彼女の強大な呪いの力を体験したいのならば、今回の大会真髄2宝箱を引こう。

呪術師およびその宿命衣装を除いて、今回真髄2宝箱の中の2セットの紫の衣装はそれぞれ祭師の「災厄」および復讐者の「飼い馴らし」に分かれている。

いずれも人気が高いキャラの新アイテムだ。

「呪術師」の基本特質の紹介

強大な能力を持っている呪術師は、ハンターに…あるいはサバイバーにどのような威嚇をもたらすのか。

【サルの魔像】

呪術師は魔像を携帯しており、それはつまり彼女がハンターの力に対抗する源である。

1段階の魔像のバリアを消費することで、呪いを利用して一定の範囲内の直近のハンターを短時間麻痺させることができる。

バリアの効果が累計3段階の時、誘爆してからハンターを数秒麻痺させることができる。

【魔像のバリア】

呪術師がハンターのそばに存在する時、 魔像バリアを触発し時間とともにハンターに対するバリア効果を累積する。

ハンターは呪術師に近いほど、バリア効果の累積の速度が速くなり、もしハンターに攻撃されたら、すぐに1段階のバリア効果を累積することができ、 同じハンターは最高5段階のバリア効果を累積することができる。

【魔力の庇護】

呪術師を治療するか、 呪術師によって治療を受けたサバイバーは魔像の庇護を受けることができる。

ハンターは庇護されたサバイバーを傷つけると同時に呪術師に魔像のバリアを累積することができる。

【魔像の反動】

呪いから受けた苦しみで、 呪術師は治療を受ける時間が20%増加する。

「Identity V」とは

「Identity V」はNetEase初の非対称対抗競技スマホゲーム。

ゴシックな画風とミステリーに満ちたストーリー、 スリリングな1対4の遊び方でプレイヤーを楽しませている。

プレイヤーが演じるのは探偵であるオルフェウス。

ある日彼は不思議な招待状をもらい、とある悪名高い荘園で一人の女の子が失踪した事件を調査することになった。

証拠を探り、調査を進めていくうちに、オルフェウスは案件を振り返るために「演繹法」を使う。

「演繹法」とは、プレイヤーがハンター或いはサバイバーを演じて、荘園で起きた事件を追体験すること。

追体験の中で彼は、かつてここで起こった出来事へと引きずり込まれていき、とうとう思いがけのない真実に辿り着く…。

「Identity V」公式アカウント

https://twitter.com/IdentityVJP

「Identity V」公式ホームページ:

http://www.identityv.jp/

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Identity V】

この記事の関連記事

「Identity V」でイースターイベント開催

[投稿日 ]

悪夢の中をもがいて逃げるような不気味な恐怖!「Identity V」

[投稿日 ]


上に戻る