二次元に見えている絵画の中には360°の怖ろしい空間が広がっている!ホラー脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


二次元に見えている絵画の中には360°の怖ろしい空間が広がっている!ホラー脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」

[投稿日:

今回紹介するゲームは「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」。

「〇〇からの脱出」というタイトルがつけられた脱出ゲームのほとんどは、純粋に謎解きだけ楽しむといった趣が強い。

なので、こうした作品はストーリー性やホラー性といったものはあえて省いていることが多い。

しかし本作は違うぜ!

「絵画」をテーマにした恐怖がこれでもかと盛り込まれた脱出ゲームなのだ!

目次

ココがWuah!「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」の怖さは「絵画」の特性を活かした恐怖演出にアリ

image

「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」は、その名の通り美術館から脱出する事を目指す脱出ゲームだ。

ただ、厳密には美術館ではない

image

確かに主人公は美術館の中に入り、そこで閉じ込められてしまうのだが、実際に閉じ込められるのは

美術館の中で出会った少年によって、主人公は絵の中へと閉じ込められてしまうのだ。

ユニークなのが、絵の中も美術館という点。主人公が閉じ込められた絵は、美術館を描いたもの

絵の中の美術館にも当然絵が展示されており、主人公はこの「絵の中の絵」には自由に入ることができる。

これを利用して、なんとか脱出の術を探っていくわけだ。

image

本作で描かれる恐怖も、「絵」という前提を大いに活かしている。

何といっても絵なので、「見えているものは変化しない」という前提で見てしまう。

これを逆手にとって、見えているものが消えたり、突然現れたりといった形で恐怖演出が挿入される。

ただ不気味なだけに留まる演出からショッキングな恐怖演出まで、とても巧みに繰り出してくるので、ホラーゲームとしての満足度は高いと感じた。

image

また、ストーリー的にも何故そんな絵が存在するのかという謎の部分までキッチリ踏み込んでくれるのがイイ。

なんとなくで美術館が舞台になっているワケではない。

そこには理由があるのだ。

360°ぐるぐる見回しながら探索!

image

本作を開発しているのは、「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」をリリースしたザイザックス株式会社。

で、本作のゲームシステムはこの「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」と近いものになっている。

つまり、スワイプ操作によって360°ぐるぐる背景を回して探索するのだ。

このシステム、絵として描かれた世界に入り込むという本作のシステムと非常にマッチしている。

美術館内からは平面としてしか認識できない

しかし、中に入ればそこには後ろもあれば横もある。360°ぐるっと世界があるのだ。

絵の外からではわからない世界があり、見えないところには何かが潜んでいるかもしれない

そんな不気味さを感じさせてくれる。

image

移動システム以外は、脱出ゲームとして非常にオーソドックスに作られている。

タップして手掛かりやアイテムを集め、謎を解いていくというスタイルだ。

なので、ホラー脱出ゲームを探しているなら、プレイする価値のある一本だ。

「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」とどちらがオススメかというと、両方プレイすればいいと思うけど、「Jホラー!幽霊!」といういかにもなホラーを求めてるなら「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」。

そうではなく、新しいタイプのホラーを求めている人には本作が向いていると思う。

基本情報

タイトル

恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム

デベロッパー

ザイザックス株式会社

配信会社

ザイザックス株式会社

対応ハード

iOS/Android

価格

無料

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム】 【脱出ゲーム】

この記事の関連記事

前作を超える恐怖演出のボリュームとバリエーション!正当進化した続編「続・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯・真相編」

[投稿日 ]

近所迷惑注意!身近な場所でショッキング系ホラー演出が繰り出されるから悲鳴必至なホラーゲーム「脱出×和風ホラー:夢怨」

[投稿日 ]

怪異の過去に秘められたいわくへ切り込んでいく脱出ゲーム「脱出ゲーム:呪巣 -零ノ章-」

[投稿日 ]

360ぐるりと回れる操作システムで廃病院の恐怖を描いた脱出ゲーム「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」

[投稿日 ]

陽気な雰囲気の中に漂う不気味さが怖い!脱出ゲーム「Forgotten Hill: Puppeteer」

[投稿日 ]

生活感を感じる風景で不安感を積み重ね、能面の怪物で一気に恐怖を煽る!悲鳴を上げるほど怖い「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」

[投稿日 ]

不気味な儀式を行う背徳感が楽しめる脱出ゲーム「Forgotten Hill Mementoes」

[投稿日 ]

これぞお化け屋敷的ゲーム!怖さのために構築された「脱出ゲーム:呪巣 -怨ノ章-」

[投稿日 ]

怖い。でもビジュアルはコミカル。でもだからこそ怖いんだ!ホラー脱出ゲーム「青鬼」

[投稿日 ]

生理的嫌悪感によって生み出される不安!「Forgotten Hill: Fall」

[投稿日 ]

見たいものを見たいように見てしまう!人間の性(サガ)の怖さ「脱出ゲーム:ギフト」

[投稿日 ]

かぐわしく薫り立つ便所臭!臭気と狂気がイヤーンな脱出ゲー「脱出ゲーム:赤い女」

[投稿日 ]

悪夢のように濃密に漂う不安感!「Forgotten Hill: Surgery」

[投稿日 ]

こんなとこ殺しが起きるに違いないじゃん!「Forgotten Hill Tales: Little Cabin in the Woods」

[投稿日 ]


上に戻る