その行動はあっているか?一手一手確認しながら進む緊張感のあるホラー「死印」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


その行動はあっているか?一手一手確認しながら進む緊張感のあるホラー「死印」

[投稿日:

ダンジョンRPGというジャンルは、元祖といえる「ウィザードリィ」のころから、ホラーじゃないのにある種の「怖さ」を持っている。

まず、ダンジョンが暗い上入り組んでいて迷いやすい。

迷えば当然、体力があと少しだという状況でも安全な場所へ帰ることができない。

しかも、敵が強めに設定されていることも多く、相当レベル差がない限り苦戦しがち。なので死にやすい。

なので、この手でいいのか、この戦い方でいいのか、今回復アイテムを使っていいのか…と一手一手確認しながら進む…そんな「怖さ」があるのだ。

そして、そんなダンジョンRPGを作ってきたゲームデベロッパーが、ホラーゲームにチャレンジしたのが「死印」だ。

目次

ココがWuah!「死印」の怖さは、ホラースポットを一手一手確認しながら進む怖さ

image

「死印」は、ダンジョンRPGに特化したゲームデベロッパー・エクスペリエンスが手掛けたホラー・アドベンチャーゲームだ。

これまでに手掛けてきたダンジョンRPGの特性を活かし、マップが3Dダンジョン形式になっており、マップを移動しながら探索するという要素が特徴的。

ダンジョンRPGと違っているのは、メインが戦闘ではなく探索ということだろう。

次の場所に移動したら、懐中電灯を動かしてそこに何かないか調べながら進んでいく。

image

場合によっては、死の危険が発生することもある。

そのひとつが、デッドリーチョイスと言って、一定時間以内に回答しなければ即死してしまうシチュエーション。

「一定時間」と書いたが、これはHPのようなもので、消費した時間は回復するまで消費したままになってしまう。

なので、ひとつのデッドリーチョイスに時間をかけてしまうと、次のデッドリーチョイスで死にやすくなる。

このおかげで、ホラースポットをおっかなびっくり、一手一手確認しながら進む怖さが味わえるというわけだ。

怪異を乗り越えるための戦闘要素

image

また、ダンジョンRPGと似た要素として、敵…怪異との戦いという要素がある。

とはいえ、装備や魔法で攻撃力を高めてHPの削り合いをするというものではなく、徐々に近づいてくる怪異に殺されるまでに、怪異を倒すための適切なアイテムを使用する…という、謎解き的なものだ。

こちらも「近づいてくる」という制限時間のようなものが設定されているため、ひとつひとつの選択にかなり頭を悩ませることになる。

ガチRPGではないのでアドベンチャーゲーム感覚で楽しめる

image

ここまでさんざんダンジョンRPGとの類似性を上げてきたけど、プレイしてみると紛れもなく本作はアドベンチャーゲームだ。

探索はダンジョンのようにマップを移動するものの、マッピングが必要なほど複雑なものにはなっていないし、デッドリーチョイスも怪異との戦闘も、基本的には選択肢選びの延長戦。

時間制限要素は、恐怖を高めるための演出と捉えた方がいいだろう。

なので、ダンジョンRPGは苦手…という人でもまったく問題なくプレイできる

image

ストーリー的には、都市伝説の要素と呪いの要素を絡めたもので、Jホラーの延長線上と考えていいだろう。

なので、現代日本の生活感に満ちている。

何しろ舞台は八王子なので、風景もごく見慣れた風景の延長線上だ。

なので、攻略サイトを見ないでプレイすれば、身近な空間に巻き起こる恐怖探索の恐怖があいまって、しっかり恐怖を堪能できるハズだ。

Switch版

PS4版

基本情報

タイトル

死印

デベロッパー

エクスペリエンス

配信会社

エクスペリエンス

対応ハード

Switch/PS4

価格

Switch版

5,184円

PS4版

6,264円

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【死印】 【アドベンチャー】

この記事の関連記事

子どものころの夜の闇が持っていた怖さを思い出させてくれる貴重なホラーアドベンチャー「夜廻」

[投稿日 ]

息をひそめて化け物をやり過ごす怖さ!船を舞台にしたホラーアドベンチャー「3Dホラーアドベンチャー:Panic Ship」

[投稿日 ]

穏やかだが不安を感じさせるモノクロームの世界を残酷に進め!「語らない」スタイルが特徴のホラーアドベンチャー「LIMBO」

[投稿日 ]

これが病院!?絶妙に汚らしい上即死トラップ満載の病院から脱出することを目指すホラーアドベンチャー「閉鎖病棟」

[投稿日 ]

目が使えず耳だけが頼り!音だけで進む不安感が恐怖を呼ぶホラーアドベンチャー「Umwelt」

[投稿日 ]


上に戻る