何が正解か?生き残るため、自分の頭で最善を探す不安感が恐怖に繋がる「SKYHILL」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


何が正解か?生き残るため、自分の頭で最善を探す不安感が恐怖に繋がる「SKYHILL」

[投稿日:

とーとつだが、「何かを教えてくれる存在」ってのは、わりとウゼぇ

親も教師も上司も、あーしろこーしろ、あれやれこれやれと、まあウゼぇ

一方で、ありがたい存在でもある。

だって、想像してみてほしい。明日からあらゆることを誰も教えてくれないとしたら?誰もというのは、本もネットも含めて、だ。

ウザくはなくなる。けど反面、生きるのに必要な知識も手に入らない。

ゴミの分別を知らない人間であれば、一か月で家はゴミ屋敷になるだろう。

洗濯の方法を知らない人間であれば、一週間もたたない内に替えの服がなくなり、周囲に臭気を振りまく羽目になる。

料理の方法を知らない人間であれば、外食に頼らざるを得なくなり、一気に食費アップだ。

とはいえこの現代社会、生活に必要なものは、お金さえあれば手に入る。

使い方を知らない商品であっても、現代の商品デザインは完成度が高いので、何度か試している内に使い方が理解できるようデザインされている。

だから死ぬことはないだろう。

でもそんな現代社会が崩壊していたら?

何が必要なのか、何をすれば正解なのか、誰も教えてくれない。けど、正解がわからなければ死んでしまう。

これは恐怖でしかない。

そんな世界を描いているのが「SKYHILL」だ。

目次

ココがWuah!「SKYHILL」の怖さは、正解がわからない中で最善の選択を選ばなければならない状況

image

「SKYHILL」は、第三次世界大戦によって崩壊した後の世界を描いたサバイバルホラーゲーム。

主人公は、強力なシェルター機能を持った高層ホテルに泊まっていたため、第三次世界大戦を生き残ることができた。

ただこのシェルター機能、主人公が宿泊した最上階のみの機能。

このため、ホテルの下層階は壊滅している部分もある。

それだけじゃなく、不気味なモンスターが出現。

だったら安全な最上階に留まっていればいいのだけど、食料の限界からいつまでも最上階にいられるわけじゃない。

そこで主人公は、ホテルの下層階へ向かうことになる。

image

スタート当初、主人公が頼れるものは己の拳のみ。武器も回復薬も食料もない。

すべては、途中階で入手していく格好だ。

image

ただ、主人公は手に入れたアイテムを加工して別のアイテムを作り出すことができる。

いわゆるクラフトというヤツだ。

image

途中会には不気味なモンスターの他、我を失い、襲い掛かってくる人間も存在している。

彼らやモンスターと戦うのか?それとも逃げるのか?

傷ついたら、限られたアイテムを消費してでも即座に回復した方がいいのか?

それとも、アイテムを節約するため回復は後回しにした方がいいのか?

攻略に必要な判断はすべてプレイヤーに任されている。

何が正解かわからないし、どこにどんなアイテムが落ちていて、どんなモンスターが待ち構えているかはわからない。

何せ、ランダムで生成されるからだ。

それが非常に心細く、恐怖を味わわせてくれる。

1フロアに2つの部屋!シンプル化された探索

image

第三次世界大戦を凌げるほどの防衛機構を持った豪華ホテル…というと、物凄く広大なフロアを持っていそうなイメージがある。

しかし本作のフロアはシンプルな作りで、1フロアに2つの部屋があるだけだ。

なので、やることは左の部屋を探索する、右の部屋を探索する、前のフロアに戻る、先のフロアに進む、という4択。

複雑なマップを覚える必要はなく、「今何をするが最善か?今あるアイテムをどうやりくりするか?」といった部分に集中できる作りだ。

image

モンスターとの戦闘も、ターン制のコマンド形式

どの武器で攻撃するか?と、モンスターのどの部位を攻撃するか?という二点を指定すればOK。

モンスターの攻撃部位によって攻撃のヒット率とダメージが変化するようになっている。

本作でプレイヤーに求められるのは、「判断」

とことん、「何がベストか?」という判断を突き付けられる格好だ。

アクション性よりも「判断」がポイントということで、頭脳プレイ重視のサバイバルホラーを求めている人にオススメの作品だ。

基本情報

タイトル

Five Nights at Freddy’s 4

デベロッパー

Mandragora

配信会社

Daedalic Entertainment

対応ハード

PC/iOS

価格

Steam

1,980円

iOS

360円

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【SKYHILL】 【サバイバルホラー】

この記事の関連記事

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日 ]

敵の位置を把握できることで掻き立てられる恐怖!鬼ごっこ系サバイバルホラー「ルーンの瞳」

[投稿日 ]

物音をたてたら確実に現れる!ババアの恐怖に怯えながら探索する「Granny」

[投稿日 ]

スマホ最恐認定!超スピードで迫りくるクリーチャーから逃げつつ探索するサバイバルホラー「Halls Of Madness」

[投稿日 ]

人類は終わろうとしているのか?これからなのか?ゾンビと共に日々を生活するサバイバルアクション「ライフアフター」

[投稿日 ]

閉鎖された豪華客船に現れる水棲クリーチャーの恐怖を描いた屈指の傑作!「バイオハザード リベレーションズ」

[投稿日 ]

子どもの頃の夜の怖さを思い出させるナンバリング最終作!「Five Nights at Freddy's 4」

[投稿日 ]

ピザ屋は潰れた!今度はホラーアトラクションの警備に挑戦だ!「Five Nights at Freddy's3」

[投稿日 ]

「Five Nights At Freddy’s」がVRへ! 「Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted」が発表

[投稿日 ]

廃墟となった療養所で一人称視点で追いかけまわされる恐怖!「Lost Within」

[投稿日 ]

オルゴールで緊張感アップ!ピザ屋の夜間警備ゲーム第二作「Five Nights at Freddy's2」

[投稿日 ]

「LINEクリエイターズスタンプ」に「BIOHAZARD RE:2」登場

[投稿日 ]

わかっていてもやっぱりビビる!そして怖い!ピザ屋の夜間警備ゲーム「Five Nights at Freddy's」

[投稿日 ]

セクシー殺人鬼とお近づきになりたい!いや逃げたい!裏腹アンビヴァレンツな良作サバイバルホラー「The Coma: Cutting Class」

[投稿日 ]

死にゆく人をただ見るしかできない傍観者の恐怖!「Alien: Blackout」

[投稿日 ]

孤独と寒さの中静かに迫りくる死の恐怖!「Distrust」

[投稿日 ]

その場所を味わうのが怖い!今振り返る「バイオハザード7 レジデントイービル」の怖さとVRホラー

[投稿日 ]

「バイオハザード RE:2」オリジナル・サウンドトラック配信開始!

[投稿日 ]

行きも怖いし戻るのはさらに怖い!「BIOHAZARD RE:2 Z Version」

[投稿日 ]

全世界累計出荷本数10万本超!「死印」がコミカライズ

[投稿日 ]


上に戻る