TPS

[投稿日:

TPSとは、サードパーソンシューティング。三人称視点のシューティングゲームのこと。

FPS(ファーストパーソンシューティング)は一人称視点の名の通り、プレイヤーは主人公の視点でプレイする。

これに対しTPSでは、プレイヤーは三人称。つまり、客観的な第三の視点から主人公を見る形になる。

主人公のビジュアルが画面に描かれるため、一人称視点と比べてキャラクターの個性を強く訴えることができるほか、キャラクターのアクションをわかりやすく伝えることができる。

その一方で、一人称と比べるとキャラクターとの一体感はやや弱い。

TPSの代表作は、このジャンルを作り上げた『バイオハザード4』だろう。

また、筆者的に好みのTPSは『スプラトゥーン』。インクで塗って勝負するというルールや、イカに変身して潜伏、高速移動などのゲーム性は、「よく考えたなあ!」という関心しかない。

ヴェイパーウェイブ的なBGMもGood。

【インディゲーム】【ホラー】【用語集】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

Wuah!ファイル

インディゲームやホラーの用語を解説!


この記事の関連記事

ゲームブック

[投稿日]

人狼ゲーム

[投稿日]

狼男

[投稿日]

フランケンシュタイン

[投稿日]

上に戻る