2019年3月17日~2019年3月23日 今週のまとめ【週刊Wuah!】 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


2019年3月17日~2019年3月23日 今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日:

ニコラ・テスラとラブクラフトが激突する全方位シューターの紹介から入った今週、2019年3月17日~2019年3月23日!

今週紹介したホラーゲームとともに、今週のオススメゲームを紹介します。

目次

今週のオススメホラーゲームはズバリ、「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」

image

今週のオススメゲームは、能面をつけた追跡者に追いかけまわされるサバイバルホラー「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」!

思わず悲鳴を上げてしまうほどの怖さは、体験しておく価値アリ!

「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」は、能面をつけた追跡者を回避しながら探索を進める3Dアドベンチャーゲーム。

まずこの能面をつけた追跡者が怖い。

そもそも能面が怖い。

うろ覚えだけど、子どものころ、親戚の家の和室に能面がいくつか飾られていたのを見て怖さを感じたのを覚えている。

あと、この怪物のフォルムや動きが不気味で、恐怖を誘うものになっている。

それが追ってくる。近づくたびに鈴の音のテンポが速まる。そりゃ怖いわ!

記事はこちら

生活感を感じる風景で不安感を積み重ね、能面の怪物で一気に恐怖を煽る!悲鳴を上げるほど怖い「Kageroh: Shadow Corridor(影廊)」

その他に紹介したホラーゲーム

その他に今週紹介したホラーゲームはコチラ!

「Tesla vs Lovecraft」

image

ニコラ・テスラやラブクラフトに興味がなくとも、爽快な全方位シューターとして楽しめる良作!

「Tesla vs Lovecraft」は、科学を代表する歴史上の人物ニコラ・テスラと、超自然を代表する歴史上の人物HPラブクラフトが激突する全方位シューターだ。

記事はこちら

科学VSクトゥルフ!オカルト界二大巨頭が激突する全方位シューター「Tesla vs Lovecraft」

「脱出ゲーム:呪巣 -怨ノ章-」

image

Jホラー的な怖さを楽しむならコレ!謎の難易度も低いので、気軽にホラー演出を楽しめる。

「脱出ゲーム:呪巣 -怨ノ章-」は、かつて親子連れが住んでいたという幽霊屋敷を探索する脱出ゲームだ。

主人公は、外から家を眺めていたところ、誘われるようにフラフラと近づき、家に入ってしまう。

なので目的は、脱出するというよりも探索することといえるだろう。

記事はこちら

これぞお化け屋敷的ゲーム!怖さのために構築された「脱出ゲーム:呪巣 -怨ノ章-」

「ガチ怖(ガチコワ)」

image 満員電車の中で両手が不自由でも楽しめる「青鬼」!追われるのとはまた違った怖さがある。

「ガチ怖(ガチコワ)」は、チャットアプリ形式のノベルゲーム。

世界観は、「青鬼」がベースになっている。

「青鬼」を楽しむ場合、青鬼から逃げ切るためにキャラクターを上手に操作するテクニックが必要になるけど、本作の場合、テクニックは不要。

ノベルゲームなので、読んで、選択肢を選ぶだけでOKだ。

記事はこちら

逃げるための操作テク不要!知力と読解力だけで気軽に青鬼の怖さを味わえる「ガチ怖(ガチコワ)」

「Forgotten Hill Mementoes」

image 自分自身が儀式を進めていく感覚は、闇に飲まれていくような感覚があって〇!

「Forgotten Hill Mementoes」は、脱出ゲームシリーズ「Forgotten Hill」の一作品で、「Forgotten Hill: Surgery」に続く第四作だ。

「Forgotten Hill: Surgery」は悪夢のように異様な病院を舞台とした作品だったが、本作の舞台は館。

ただ、一軒の館が舞台になっているわけではなく、複数の館が舞台になっている。

記事はこちら

不気味な儀式を行う背徳感が楽しめる脱出ゲーム「Forgotten Hill Mementoes」

「UNKILLED」

image 若干マッチングしづらく感じたものの、今でも十分トップクラスのFPSとして通じるクオリティ!

「UNKILLED」は、ゾンビのまん延によって崩壊した都市が舞台のFPS。

制作しているのは「Dead Trigger2」同様MADFINGER Gamesなので、グラフィックのクオリティもプレイの爽快感も「Dead Trigger2」に勝るとも劣らない。

ゾンビが出てくるものの、怖さはほとんど感じない。

一部の強力なボスを除いて、登場するゾンビは撃つための的。

つまり、「ヒャッハー!皆殺しだぜぇ!」という爽快感を味わうためのゲームなのだ。

記事はこちら

3Dタッチによるダッシュでスピーディーにゾンビを殺すのが爽快!マルチプレイ重視のハイクオリティFPS「UNKILLED」

「Lifeline:フラットライン」

image ホラー好きが「Lifeline」シリーズを読み進めるなら、本作からがオススメ。

「Lifeline:フラットライン」は、チャットアプリ風ノベルゲーム。

第一作目同様、スマホからメッセージが送れるようになってしまった「誰か=主人公」と会話しつつ、主人公の抱えるトラブルにアドバイスしていくという趣向だ。

一作目では、地球とは別の惑星に墜落した宇宙船乗組員・タイラーとつながったが、今回繋がるのはウィンという人物。

無線システムによってつながっていた一作目とは異なり、本作ではプレイヤーはウィンの頭にテレパシー的に語りかけているという格好になっている。

記事はこちら

序盤から高いテンションで描くパニックホラーノベルゲーム「Lifeline:フラットライン」

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【週刊Wuah!】

この記事の関連記事

2019年5月19日~2019年5月25日 今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日 ]

2019年5月12日~2019年5月18日 今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日 ]

2019年5月5日~2019年5月11日 今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日 ]

2019年4月28日~2019年5月4日 今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日 ]

2019年4月21日~2019年4月27日 今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日 ]

2019年4月14日~2019年4月20日 今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日 ]

2019年4月7日~2019年4月13日 今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日 ]

2019年3月31日~2019年4月6日 今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日 ]

2019年3月24日~2019年3月30日 今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日 ]


上に戻る