2019年4月28日〜2019年5月4日今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日:

ゴールデンウィークが到来、元号も「令和」に変わった今週、2019年428日〜2019年5月4日!

今週紹介したホラーゲームとともに、今週のオススメゲームを紹介します。

今週のオススメホラーゲームはズバリ、「Halls Of Madness」

今週のオススメゲームは、スマホ最恐のホラーとして認定したサバイバルホラー「Halls Of Madness」

正気度を減らしながらクリーチャーの動きを封じ、扉を使ってクリーチャーの視線を操作することでクリーチャーを移動させるというパズル性が恐怖を呼ぶゲームだ。

ゲーム的なおもしろさという面で「ダンジョン・ウォーフェア2」と迷ったけど、怖さの面で「Halls Of Madness」がイチオシ!


スマホ向けに出ているゲームで最も怖いゲームは何かと言われたら、これまでは「Five Nights at Freddy’s」シリーズと答えていた。

しかし、このゲームをプレイしてからは、このゲームこそスマホ最恐だと思う。

「Halls Of Madness(ホール・オブ・マッドネス)」だぜ!

記事はこちら


スマホ最恐認定!超スピードで迫りくるクリーチャーから逃げつつ探索するサバイバルホラー「Halls Of Madness」

その他に紹介したホラーゲーム

その他に今週紹介したホラーゲームはコチラ!

「続・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯・真相編」


こちらも恐怖度の高い作品。プレイするなら前作「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」からプレイするのがオススメ。


前作「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」から正当進化を遂げたゲーム。

それが、「続・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯・真相編」だ。

記事はこちら


前作を超える恐怖演出のボリュームとバリエーション!正当進化した続編「続・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯・真相編」


「Hatred」

バイオレンスの爽快感ではなく、重さ、怖さが感じられる全方位シューター!


今日紹介するゲームは「POSTAL Redux」に近い世界観、ゲーム性を持ちながら、ユーモアがほとんどない。

リアルに作られた一般市民を虐殺ゲーム「Hatred(ヘイトレッド)」だ!

記事はこちら


犯罪者が直面する現実をリアルに描いた一般市民虐殺シューティング「Hatred」


「This War of Mine: Stories - Father's Promise」


「This War of Mine」の続編だけど、本編より難易度が低いため、本作からプレイするのがオススメ!


大切な何かを失うというのは恐ろしいこと。

ゲームで描かれる「戦争」の多くは、領地や名誉、金といったものを「得られる」という側面が描かれているが、実際の「戦争」ならば多くのものを「失う」。

そんな戦争の負の面を描いた作品、「This War of Mine」に続編がリリースされている。

「This War of Mine: Stories - Father’s Promise(ディス・ウォー・オブ・マイン:ストーリーズ:ファザーズプロミス)」だ。

記事はこちら

戦争という最悪な状況下で誘拐された娘を救え!大切な何かを失う恐ろしさを描いたシミュレーション「This War of Mine: Stories - Father's Promise」


「死の雨2」


前作より確実におもしろくなっている、優等生的な続編。ただ、タイトルは「デッドレイン2」の方がよかったような気が…。


スマホ向けのゲームを探していて結構困るのが、シリーズで名前が変わっちゃう現象に遭遇すること。

時には一作目が英語で、二作目が日本語。しかも意味がほぼ違う…なんてこともある。

たとえば、たとえば一作目が「Dragon Crow」みたいなタイトルだったとして、2作目が「龍戦いその後」みたいなタイトルになってたりして、わかんねーだろそれ!みたいなことがあるわけですよ。

これはいまオレがテキトーに考えたタイトルだから実在しないけどさ。

ただまあ、今回はそういう系のタイトルになっちゃったゲームを紹介。

「Dead Rain : 新しいゾンビウイルス」の続編、「死の雨2」だぜ!

「AKANE」!

記事はこちら


テンポもボリュームもアップ!恐怖も爽快感も強化された「Dead Rain」正統派続編!植物ゾンビの恐怖を描いた「死の雨2」

「ダンジョン・ウォーフェア2」


凡百のタワーディフェンスゲームが束になっても敵わないくらい面白い!ゲーム性だけでいうなら、実は今週イチオシかも。


いたずらというのは、おもしろい。原始的なおもしろさがある。

子どものころ親が外に出ている際、カギをかけて閉め出してしまった…なんていたずらをしたことはないだろうか。

間違っても、親から「家族が外に出ている際、カギをかけて閉め出すのはいいことよ」なんて言われなかったハズ。

でも、やってみたくてたまらなかった。誰から教えられたでもなく、本能に組み込まれているのだ。

だから、そもそもいたずらは面白い。

いたずらと聞いて眉をひそめる良識派の人も、心の内側ではいたずらのドキドキ感は認めていて、良識派ぶっているんだろう。良識派の方が世間体いいもんね!まあ、クソみてえにくだらねえけどな。

今日紹介するゲームは、そんないたずらのおもしろさをさらに突き詰めたゲーム。

罠で敵を殺すタワーディフェンス、「ダンジョン・ウォーフェア2」だ!

記事はこちら


迫り来る冒険者をどう殺す?トラップの極悪な組み合わせを考えるのが楽しすぎるタワーディフェンス「ダンジョン・ウォーフェア2」


「3Dホラーアドベンチャー:Panic Ship」


ひっそりとクリーチャーをやり過ごすのが怖い3Dホラー。ホラー脱出ゲームからのネクストステップにオススメ。


ハチって怖いじゃないですか。虫の、針持ってる、ブンブンブンって空飛ぶ、アレ。ハチミツは美味しいやつ。

遠くで飛んでいる時には近づかなきゃいいだけの話なんだけど、近くでブンブンブンってやられるのが厄介。

手で払おうとすると刺されるじゃん?

だからじーっと待っていないといけない。「あっち行け!」って願いながら。「オレは背景オブジェクトだからあたり判定ゼロだ。刺すんじゃない!」って祈りながら。

でも、そうやって動かないでいると、逆の蜂の野郎、止まったりすんのね。ふざけやがって。

ほいでもってますます動けない。怖い。

そんな怖さが味わえるのが、「3Dホラーアドベンチャー:Panic Ship」だ。

「Katana Soul」だ!

【週刊Wuah!】

この記事の作者

Wuah編集部

人類にもたらされた至高のエンタメ=ホラーを追求する地獄のゲームメディア。
エッジのトガったゲーム&ゲーム情報を提供中。
Love zombie,ghost, and all of monsters!

この記事が含まれるコーナー

特集

ホットな企画をお届けする特集コンテンツ。


この記事の関連記事

最新アプリゲームを作っております…!

[投稿日]

2020年3月に体験した恐怖体験…。

[投稿日]

プレイデータの保存方法とPC&スマホのデータ連携方法

[投稿日]

2019年5月19日〜2019年5月25日今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日]

上に戻る