2019年5月5日〜2019年5月11日今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日:

2019年55日〜2019年5月11日!

ライターであるオレの仕事の状況の都合で今週からレビューの数を減らしました。(スミマセン)

ではでは、今週紹介したホラーゲームとともに、今週のオススメゲームを紹介!

今週のオススメホラーゲームはズバリ、「Halls Of Madness」

今週のオススメゲームは、サイバーパンク・バイオレンスアクション「RUINER」

敵もこっちも死にやすいスリリングなバトルと、ダッシュを使ったスピーディーで爽快な操作がイカすぜ。


「ウォッチメン」というアメコミに、ロールシャッハというヒーローが登場する。

ロールシャッハというのは心理学のテストで、インクの染みのような模様が、何を描いたものか問うことで対象の心理状況をはかるというもの。

その名を冠した彼は、被っている覆面に、インクの染みのような模様が描かれている。

そしてこの模様が、常に蠢いている。

ホラーに登場する殺人鬼は仮面で顔を隠していることが多いが、それによって表情、心理状況が読み取れないことが恐怖に繋がる。

一方、ロールシャッハは、常に蠢く模様によって、今、表情を変えたのか?こんな心理なのか?と勝手に推し量ってしまう。

もちろんロールシャッハはホラーの殺人鬼じゃないので、恐怖の対象ではない。

ただ、ウォッチメン内でロールシャッハに退治される悪党側からすれば、その異様な姿に脅威を感じることだろう。

今回紹介する作品も、そんな魅力的な覆面キャラクターが主人公だ。

「RUINER」!

記事はこちら

死のスリルを感じながら瞬間的な命のやりとりを楽しむ爽快感!トランスできる全方位シューター「RUINER」

その他に紹介したホラーゲーム

その他に今週紹介したホラーゲームはコチラ!

「STRAFE: Millennium Edition」

血しぶきプシャー!四肢烈断!といった爽快感では本作もオススメ。激ムズ難易度に耐えられるなら是非!



クソ難しいゲームをヒーヒー言いながら繰り返す楽しさというのがある。

たとえばそれは、「Hotline Miani」。

難しいが、死んでもすぐ復活できる。

そもそも展開がスピーディー。そして音楽がカッコいい。

今日紹介するゲームもそんなDNAが組み込まれた作品。「STRAFE: Millennium Edition」だ!

記事はこちら

激ムズ難易度で繰り返される死と再生!加えて血しぶきブシャー!の爽快さを持ったFPS「STRAFE: Millennium Edition」

「止まれ」

ストレートなJホラーを楽しみたいなら本作がオススメ。正統派のノベルゲームで、都市伝説的な恐怖を堪能させてくれる。


今じゃあノベルゲームってのは立派なゲームの一ジャンルとして成立しているが、その昔スーファミで「弟切草」が出た時には、「同じ金額で文庫本買った方がよくない?」なんて話が上がったもんだ。

まあ、新ジャンルのゲームが出る時ってのはそんなもんだよな。

おまけにスーファミのゲームは、一万円弱という価格帯が多かった。

リリースされるゲームの多くが無料ゲームという今では、ゲームは他の娯楽と比べて圧倒的に割安(※アホなレベルの課金をしない限り)だけど、当時は違ったわけだ。

とはいえ、「弟切草」はそんなネガティブな意見を跳ね飛ばすくらい面白いゲームだったし、ヒットもした。

今、ノベルゲームというジャンルがあるのは「弟切草」のおかげだ。これは多分、間違っていない。

今日紹介するのは、そんな「弟切草」の子孫と言える作品。「止まれ」だ。

記事はこちら

その道で「止まれ」と言われても決して止まってはならない!肝試し感覚で楽しめるホラーノベルゲーム「止まれ」

【週刊Wuah!】

この記事の作者

Wuah編集部

人類にもたらされた至高のエンタメ=ホラーを追求する地獄のゲームメディア。
エッジのトガったゲーム&ゲーム情報を提供中。
Love zombie,ghost, and all of monsters!

この記事が含まれるコーナー

特集

ホットな企画をお届けする特集コンテンツ。


この記事の関連記事

最新アプリゲームを作っております…!

[投稿日]

2020年3月に体験した恐怖体験…。

[投稿日]

プレイデータの保存方法とPC&スマホのデータ連携方法

[投稿日]

2019年5月19日〜2019年5月25日今週のまとめ【週刊Wuah!】

[投稿日]

上に戻る