子どものころの夜の闇が持っていた怖さを思い出させてくれる貴重なホラーアドベンチャー「夜廻」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


子どものころの夜の闇が持っていた怖さを思い出させてくれる貴重なホラーアドベンチャー「夜廻」

[投稿日:

田舎のキャンプ場の夜は、真っ暗だ。すぐそこにコンビニも街灯もない。だから、真っ暗

そういや、オレがガキのころはコンビニなんてなかったから、田舎じゃなくとも夜には真っ暗な風景があった。

12月31日には近所の神社で除夜の鐘を付くことができ、甘酒も振る舞ってくれたのだが、その帰りにお墓の側を通る時、マジで怖くて怖くて仕方がなかった。

「幽霊が出るかも」なんて言う友達の冗談に笑ってはみせるものの、心の中ではブルっている。冗談を言った方も。

そんな子どもの頃の怖さを思い出させてくれるゲームが、「夜廻」だ。

目次

ココがWuah!「夜廻」の怖さは、夜の街をさまよう子どもの頃の怖さ

image

「夜廻」は、犬を探しに出かけた姉を求めて、妹が夜の街をさまようというアドベンチャーゲーム。

絵本のような優しいタッチで描かれてはいるが、怖さはガチ。

image

夜の街で妹を待ち受けているのは、お化けたち。

幽霊やゾンビ、殺人鬼やクリーチャーではなく、お化け

まさにお化けとしか言いようのない、オリジナリティの高いビジュアルがイイ。

image

主人公に許された対抗手段は、お化けの位置を心臓の鼓動音で感知し、ダッシュで避けること。

極限まで接近しないとお化けの姿が見えないため、心臓の鼓動音でお化けの居場所を推測し、いないであろうルートをダッシュで通るわけだ。

お化けに囲まれた場合は、草むらなどの退避場所に逃げ込むこともできる。

草むらは安全地帯になっているものの、お化けの場所を見ることができなくなってしまう。

このため草むらから出る際には、赤い「もや」と鼓動音でお化けがいなくなったかな…?と当たりをつけなければならない。

image

この、完全にはお化けを見ることができないものの、かすかに見えるというシステムと、絵本的なビジュアルがあいまって、本作がコンセプトとしている「子どものころ、夜の街を見てお化けがいるかもしれないと感じた、あの怖さ」が十分すぎるほど表現されている。

コンビニならずとも、ビルの明かりや街灯によって24時間どこにでも明かりのある現代で、こうした恐怖を味わわせてくれるのは貴重といえるだろう。

コンビニが24時間営業を止めたなら、このゲームのような怖さが再び夜に戻るんだろうか…?

基本情報

タイトル

夜廻

デベロッパー

Nippon Ichi Software, Inc.

配信会社

Nippon Ichi Software, Inc. (PC版はNIS America, Inc.)

対応ハード

PC/Switch

価格

PC

1,980円+税

Switch(続編「深夜廻」とのバンドル)

7,538円

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【夜廻】 【アドベンチャー】

この記事の関連記事

息をひそめて化け物をやり過ごす怖さ!船を舞台にしたホラーアドベンチャー「3Dホラーアドベンチャー:Panic Ship」

[投稿日 ]

穏やかだが不安を感じさせるモノクロームの世界を残酷に進め!「語らない」スタイルが特徴のホラーアドベンチャー「LIMBO」

[投稿日 ]

これが病院!?絶妙に汚らしい上即死トラップ満載の病院から脱出することを目指すホラーアドベンチャー「閉鎖病棟」

[投稿日 ]

目が使えず耳だけが頼り!音だけで進む不安感が恐怖を呼ぶホラーアドベンチャー「Umwelt」

[投稿日 ]

その行動はあっているか?一手一手確認しながら進む緊張感のあるホラー「死印」

[投稿日 ]


上に戻る