百物語

[投稿日:

Hさんが田舎の親戚の家に泊まった時のこと。

田舎は人々の距離が近い。

だからか、その日は親戚のみならず、近所の子らも集まって、皆で怪談話をすることにしたのだという。

ただ、怖い話が苦手な母親は参加しなかった。

誰が言い出したのか、普通に怪談話をするだけでは物足りないということになり、百物語形式で行うことに。

つまり、ろうそくに火をつけ、怪談をひとつ話すごとに火を消していくというかたち。

とはいえ、さすがにろうそくの本数が足りない。

そこで、10本のろうそくを使い、10本分の火を消したら再び10本に火をつける…という形で行うことにした。

Hさん曰く、どの話も聞いたことがない、とても怖いものばかりだったという。

だから、あっという間に終わってしまったそうだ。

その翌日。Hさんは印象的だったいくつかの話を、父母へと伝えた。

怖い話が苦手というだけあって、母はひどい怖がりようだったという。

しかし、怖がっているのはその内容ではなかった、

母がいうには、昨夜に親戚や近所の子が集まることはなかったのだという。

Hさんは驚き、親戚にも確認したが母の言うとおりだった。

昨夜はHさんも含めて、早い時刻に床へ着いた。

集まりなどなかったし、百物語をすることもなかったのだという。

【怪談】【怖い話】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ぞくっ、とする怖い話

それは、誰かが体験した物語。
背中がぞくっとする、本当にあった怖い話…。

この記事の関連記事

メールの返事

[投稿日]

「見えているのか」

[投稿日]

赤い布団

[投稿日]

特殊な交通事故

[投稿日]

上に戻る