「見えているのか」

[投稿日:

霊感の強い人は、霊を視ることができる。

その一方、霊の方も「見られている」ことを気にしているようだ。

だからだろう。霊を視てしまった人が霊から「見えているのか」と問いだされるパターンの怪談が存在するのは。

Sさんが体験したのも、そんな怪談に分類されるような出来事だ。

買い物に出かけたSさんが、途中の道で信号待ちをしていた時のこと。

道路の向こうに、青白い人がいた。

具合が悪いのかな…Sさんはそう思ったが、あまりにも血色が悪すぎる。

もしかして生きていないのでは…そう思うような色だ。

Sさんは失礼と思いつつも、ついその人に見いってしまった。

信号が変わったら、文句言われるかもしれない。

あるいは…もしも生者ではなかったら…それどころではすまないかも…。

Sさんがそんなことを考えていると、信号の色が青に変わった。

やはりというべきか、青白い人はSさんに向けて歩いてくる。

Sさんはどんなことがあっても無視をしようと決め込み、足早に歩きだした。

すると…「危ない!」

大きな声が響き、Sさんは後ろへといきなり引っ張られ…尻もちをついてしまった。

後ろを振り向くと、スーツを着た会社員の姿。見覚えがない…赤の他人だ。

「なにするんでか…!?」

Sさんがそういうと「あなたこそ何してるんですか!」と、会社員は怒鳴りながら道路を指さした。

指の先には…信号機。

見ると、信号はまだ赤のままだった。

道路の向こうに青白い人間の姿はなかったという。

【怪談】【怖い話】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ぞくっ、とする怖い話

それは、誰かが体験した物語。
背中がぞくっとする、本当にあった怖い話…。

この記事の関連記事

メールの返事

[投稿日]

赤い布団

[投稿日]

百物語

[投稿日]

特殊な交通事故

[投稿日]

上に戻る