後悔【ぞくっ、とする怖い話】

[投稿日:

Hさんが、彼氏と別れたすぐ後の出来事だ。

彼氏と別れた原因は、彼氏の浮気だった。にもかかわらず彼氏は別れることを相当嫌がった。

土下座して謝り、泣きわめき、最終的にはHさんに「自殺して後悔させてやる!」とまで言い放ったらしい。

しかしHさんは決して折れることなく、二人は別れた。

その数日後、Hさんが一人、夜道を歩いていた時のこと。人通りが少ない道で灯りも少なく、痴漢が出そうな道だったそうだ。

突然、みしっ…ときしむような音が聞こえ、息が苦しくなったという。

呼吸ができない…。

最初は痴漢に襲われたのかと思ったが、息が苦しい以外何かされる気配はない。いや…その前に、体に触れられているという感覚すらない。

何かの病気だろうか…?

パニックになったHさんは、助けを求めて近所に住む友人の家へと向かった。

ドアを開きHさんを迎えた友人は、驚いて声を上げた。

「何?まさか首吊ったの?」

友達から鏡を借りて首を見ると、縄の模様のアザがくっきりついていたという。

もしかすると…。

Hさんの頭に一瞬浮かんだのは、元彼のセリフだった。

「自殺して後悔させてやる!」

元彼の身に何かあったのかもしれない…。

しかしHさんはすぐその考えを振り払った

それ以降Hさんは、特になんの異常もなく過ごせているという。

「彼氏のことはまったく後悔していません」だそうだ。

【怪談】【怖い話】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ぞくっ、とする怖い話

それは、誰かが体験した物語。
背中がぞくっとする、本当にあった怖い話…。

この記事の関連記事

メールの返事

[投稿日]

「見えているのか」

[投稿日]

赤い布団

[投稿日]

百物語

[投稿日]

上に戻る