昆虫採集【ぞくっ、とする怖い話】

[投稿日:

Dさんの小学生時代。

そのころはまだ、そこここに野山があり、気軽に昆虫採集できる時代だったという。

今では当然のようにデパートで昆虫を販売しているが、当時はむしろ昆虫を買うという発想が珍しかった。

…そんな時代の話だ。

昆虫の中で人気なのはやっぱりカブトムシとクワガタ。

カブトムシやクワガタは、クヌギの木から出る蜜が好物。

そのため、クヌギの木が多い雑木林が狙い目だ。

もちろん、Dさん達も近所で一番クヌギの木の多い雑木林で、昆虫採集をしていた。

昆虫採集を成功させるためには、夜遅くに出かけるのがベスト…。

夜の内にクヌギに蜜をたっぷり塗っておき、集まってきた昆虫たちを、朝早くゲットするのだ。

その日もDさんは、蜜をしかけるため夜遅くに雑木林へ出かけた。

もう夜11時を回っていたという。

無音といっていいほど静かな夜。雑木林の中は灯りなどなく、真っ暗だ。

その中を懐中電灯を頼りに進んでいく。

…しかし、毎日のように来ている雑木林。Dさんは転ぶことはおろかつまづくこともなく進んでいった。

ところが……無事に蜜を仕掛け、帰ろうと振り返った時。

顔に何か、糸状のものがべたーっと触れた。

触ると、べたべたする。

きっとクモの巣だ。

…そう思ったDさんは思いきり振り払うと、来た道をスタスタと引き返した。

そのまま寄り道もせず、Dさんは家に着いた。

家のドアを開けると、手の指に違和感がある。

べたーっと、糸がまとわりついているような感覚だ。

クモの巣が手についっちゃったのか…。そう思ってDさんが手を見ると…

…それはクモの巣ではなく、髪の毛だった。

そして…

その髪の毛には…赤黒いべたーっとした液体がこびりついていた。

Dさんは思わず悲鳴を上げるほど驚き……風呂場で念入りに手を洗ったという。

ちなみに、それでも懲りずに昆虫採集を続けたとのことだが、同じ現象には二度と遭遇しなかったそうだ。

【怪談】【怖い話】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ぞくっ、とする怖い話

それは、誰かが体験した物語。
背中がぞくっとする、本当にあった怖い話…。

この記事の関連記事

メールの返事

[投稿日]

「見えているのか」

[投稿日]

赤い布団

[投稿日]

百物語

[投稿日]

上に戻る