ハサミ【ぞくっ、とする怖い話】

[投稿日:

不思議なことに遭遇しやすいというTさんの話だ。

Tさんが小学生のころ、こんな夢を見た。

学校の一室にいる。どうも学校は何者かに占拠されていて、危険なようだ…。

Tさんは恐怖から、その部屋を出た。

おそるおそる廊下を歩いている…と、不意にジリリリリリ…!というベルの音。バタバタバタバタ…!と、防火扉が閉まっていく。

逃げることができないのかな…Tさんがそう思った次の瞬間…。

…目の前にハサミを持った血まみれの人間が現れ、Tさんの手をハサミでザクリ…と刺した。血まみれのその人物は…学校の友達だった。…そこで、目が覚めた。

恐ろしい夢だけど、所詮は夢。Tさんはそう思ったという。

…その数日後のこと。

図工の授業中、Tさんは、家に忘れてきてしまったハサミを借りようとして、友達に声をかけた。血まみれ姿で夢に登場した友達だ。

すると…、

友達からハサミを受け取ろうとする瞬間、友達の手が滑ってしまい、Tさんの手にハサミが刺さった。

その場所は、夢でハサミが刺さった場所とまったく同じだったという…。

その傷は20歳を越えた今でも残っているが、同じような夢を見ることは二度となかったそうだ。

【怪談】【怖い話】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ぞくっ、とする怖い話

それは、誰かが体験した物語。
背中がぞくっとする、本当にあった怖い話…。

この記事の関連記事

メールの返事

[投稿日]

「見えているのか」

[投稿日]

赤い布団

[投稿日]

百物語

[投稿日]

上に戻る