特殊な交通事故

[投稿日:

Yさんは、ちょっと「特殊」な交通事故にあったことがあるという。

車に跳ね飛ばされた被害者が、Yさんの自宅に吹き飛ばされたのだそうだ。

体が吹き飛ばされるほどの衝撃を受けた被害者は、当然のように死んでいた。

一方のYさんは、自宅の中にいたため無事だったという。自宅の建物にも被害はなかった。

これだけでも十分「特殊」といえるが、本当に「特殊」なのはこれから。

事故からしばらくした深夜、Yさんの自宅付近を不審な男がうろつくようになった。

男は夜の間、事故のあった周辺を、何かを探すように歩き回っているという。

Yさんは防犯もかねて、「探し物ですか?」と声をかけようとしたが、思いとどまった。

話しかけたことで逆に犯罪に巻き込まれるかもしれないし、何より…その男はどこか、生きているような感じがしなかったのだという。

それからしばらくして、Yさん宅の庭から、財布が見つかった。

警察に持って行き中身を確認すると、どうやらその財布は、交通事故の被害者のものだったそうだ。

財布が見つかったその夜から、何かを探しまわる不審な男は現れなくなったという。

もちろん、交通事故の被害者と不審な男がつながっているかどうかはわからない…。

【怪談】【怖い話】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ぞくっ、とする怖い話

それは、誰かが体験した物語。
背中がぞくっとする、本当にあった怖い話…。

この記事の関連記事

メールの返事

[投稿日]

「見えているのか」

[投稿日]

赤い布団

[投稿日]

百物語

[投稿日]

上に戻る