恐怖のペンギンに見つからぬようコインを集めろ!鬼ごっこ系アクション「ダニー : ホラーゲーム」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


恐怖のペンギンに見つからぬようコインを集めろ!鬼ごっこ系アクション「ダニー : ホラーゲーム」

[投稿日:

「バイオハザード2」で追跡者ネメシスが追いかけられる恐怖をプレイヤーにまざまざと見せつけて以来、「青鬼」「Dead by Daylight」などなど、追いかけまわされる怖さをメインとするホラーゲームは1ジャンルを築いている。

そんな中にまた一作、新たな追いかけまわされる怖さを描いた作品が加わる。

今回紹介する「ダニー : ホラーゲーム」だ。

目次

ココがWuah!「ダニー : ホラーゲーム」の怖さは、追いかけてくるペンギンが近いところ

image

「ダニー : ホラーゲーム」は、追いかけてくるペンギンをかわしながら、館から脱出する事を目指すアクションゲーム。

ペンギンというと、なんとなく可愛らしいイメージを持つかもしれないが、とんでもない

image

外観は「Five Nights at Freddy’s」シリーズのアニマトロニクスのようで、可愛らしさのかけらもない

それが大きな音と共に出現するので、まあビビる。

しかも本作、館が狭いときてる!

狭いので、ペンギンが今どの辺にいるのか大体分かる。近くにいる実感があるのだ。

これが怖い

敵の場所がいれば怖さが減るように感じるが、実際には、「今あそこにいる…急がないと!」という感じで焦燥感をかき立てられるのだ。

さらに、ペンギンが近づいてくる間隔を読み間違えていると、「今はまだこないだろ…」的なタイミングでペンギンに見舞われてしまう。これが悲鳴ものの怖さを持っている。

image

本作、ゲームの目的設定もなかなかうまい。

コインを40枚集めることが目的で、そのコインはマップ内に散らばっている。

マップ内を満遍なく回らないと全コインが手に入らないので、ペンギンの動きを読みつつ、マップをぐるりと回らなければならない。

ペンギンの動きを読みながら行動しなければならない局面にどうしたって出くわすので、緊張感のあるシチュエーションを避けては通れないのだ。

パッドで移動、タッチでアクション

image

操作はバーチャルパッド。

バーチャルパッドを使って移動、タッチをすぐことで、タッチした場所のオブジェクトに応じたアクションを行える。

image

たとえばロッカーであれば、中に入ってペンギンの目をそらすことができる。

また、プレイヤーの持っているライトにはバッテリーが設定されており、バッテリーがゼロになると視界が暗くなってしまう。

そんな時は、マップ内にあるバッテリーチャージャーまで行ってタップしなければならないのだ。

コイン以外にもマップをくまなく移動せざるを得ない仕組みが盛り込まれており、なかなかニクイ…!

鬼ごっこ系のゲームが好きなら、プレイする価値のある作品だぞ。

基本情報

タイトル

ダニー : ホラーゲーム

デベロッパー

TARTGAMES

配信会社

TARTGAMES

対応ハード

Android

価格

無料

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【ダニー : ホラーゲーム】

この記事の関連記事


上に戻る