物音をたてたら確実に現れる!ババアの恐怖に怯えながら探索する「Granny」

[投稿日:

やっぱり、追跡されながら探索するってのは怖い。

今日紹介するのは、この要素を極限まで突き詰めたホラーゲーム。

「Granny」だ!

ココがWuah!「Granny」の魅力は、ババアの怖さ

「Granny」は、館に閉じ込められた主人公が脱出をすることを目指すサバイバルホラーアドベンチャー。

もちろん、カンタンに脱出することはできない。

脱出に必要なアイテムは館の中に散らばっているし、追いかけてくるババアがいるからだ。

このババアが凶悪。

バットを持っており、見つけると思い切りぶん殴られ、一撃で昏倒させられてしまう。

さらに地獄耳で、ちょっとした物音を逃さない

その年でその耳の良さなら、きっとボケることもなく長生きできるんだろうなあと微笑ましい気分になってしまうほどだ。

悪い、ウソだ。怖えよ。どんだげ地獄耳なんだよ!

主人公に許された手段は、ベッドの下クローゼットといった場所に隠れること。

また、ババアはこれが「北斗の拳」だったら「お前のようなババアがいるか!拳王の手下だな?」と言われちゃうくらい体格がいい。

なので、主人公がしゃがみ歩きでようやく通れるほどのスペースを利用すると撒くことが可能だ。

退避手段があるとはいえ、ババアに見つかってしまえばほぼアウト。

じゃあ、どうやってババアに見つからないようにできるのかといえば、ババアの地獄耳が役に立つ。

ドラゴンボールの天津飯は目がよすぎたから(3つもあるし)目に頼りすぎだと悟空に言われていたが、本作のババアも耳がよすぎて耳に頼りすぎだ。

つまり、ババアの位置がわからなかったら、あえて音をたてればいい

そうすると、確実にその位置に来てくれるので、音をたてたら即座に隠れたり、しゃがみ歩き専用の退避ルートを使えばOKだ。


こうした攻略法がわかっていても、常にどこかにいるババアを感じて探索するのは、やはり怖い

特に怖いのが、退避が遅れてしまい、撒くことができなかったケース。

ベッドに隠れているのを覗かれた時の怖さと言ったらたまらないぜ!

基本情報

タイトル

Granny

デベロッパー

DVloper

配信会社

DVloper

対応ハード

PS/iOS/Android

価格

PC

520円

iOS

無料

Android

無料

【Granny】【サバイバルホラー】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ゲームレビュー

エッジの鋭いホラーゲームをオススメするゲームレビュー。


この記事の関連記事

トガるとはこういうこと!昭和ジャパンでテキサス出身アメリカンヤクザが鬼や侍に変身して大暴れ!『COWBOY YAKUZA』

[投稿日]

現実と幻を行き来する不安感!有料化も頷ける充実のシリーズ最新作!『Forgotten Hill Disillusion』

[投稿日]

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日]

天使×悪魔!最強の二人が敵を倒しまくるロックンロールな爽快バイオレンスアクション「GodsTrigger」

[投稿日]

上に戻る