物音をたてたら確実に現れる!ババアの恐怖に怯えながら探索する「Granny」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


物音をたてたら確実に現れる!ババアの恐怖に怯えながら探索する「Granny」

[投稿日:

やっぱり、追跡されながら探索するってのは怖い。

今日紹介するのは、この要素を極限まで突き詰めたホラーゲーム。

「Granny」だ!

目次

ココがWuah!「Granny」の魅力は、ババアの怖さ

image

「Granny」は、館に閉じ込められた主人公が脱出をすることを目指すサバイバルホラーアドベンチャー。

もちろん、カンタンに脱出することはできない。

脱出に必要なアイテムは館の中に散らばっているし、追いかけてくるババアがいるからだ。

image

このババアが凶悪。

バットを持っており、見つけると思い切りぶん殴られ、一撃で昏倒させられてしまう。

さらに地獄耳で、ちょっとした物音を逃さない

その年でその耳の良さなら、きっとボケることもなく長生きできるんだろうなあと微笑ましい気分になってしまうほどだ。

悪い、ウソだ。怖えよ。どんだげ地獄耳なんだよ!

image

主人公に許された手段は、ベッドの下クローゼットといった場所に隠れること。

また、ババアはこれが「北斗の拳」だったら「お前のようなババアがいるか!拳王の手下だな?」と言われちゃうくらい体格がいい。

なので、主人公がしゃがみ歩きでようやく通れるほどのスペースを利用すると撒くことが可能だ。

image

退避手段があるとはいえ、ババアに見つかってしまえばほぼアウト。

じゃあ、どうやってババアに見つからないようにできるのかといえば、ババアの地獄耳が役に立つ。

ドラゴンボールの天津飯は目がよすぎたから(3つもあるし)目に頼りすぎだと悟空に言われていたが、本作のババアも耳がよすぎて耳に頼りすぎだ。

つまり、ババアの位置がわからなかったら、あえて音をたてればいい

そうすると、確実にその位置に来てくれるので、音をたてたら即座に隠れたり、しゃがみ歩き専用の退避ルートを使えばOKだ。

image

こうした攻略法がわかっていても、常にどこかにいるババアを感じて探索するのは、やはり怖い

特に怖いのが、退避が遅れてしまい、撒くことができなかったケース。

ベッドに隠れているのを覗かれた時の怖さと言ったらたまらないぜ!

基本情報

タイトル

Granny

デベロッパー

DVloper

配信会社

DVloper

対応ハード

PS/iOS/Android

価格

PC

520円

iOS

無料

Android

無料

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Granny】 【サバイバルホラー】

この記事の関連記事

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日 ]

敵の位置を把握できることで掻き立てられる恐怖!鬼ごっこ系サバイバルホラー「ルーンの瞳」

[投稿日 ]

スマホ最恐認定!超スピードで迫りくるクリーチャーから逃げつつ探索するサバイバルホラー「Halls Of Madness」

[投稿日 ]

人類は終わろうとしているのか?これからなのか?ゾンビと共に日々を生活するサバイバルアクション「ライフアフター」

[投稿日 ]

閉鎖された豪華客船に現れる水棲クリーチャーの恐怖を描いた屈指の傑作!「バイオハザード リベレーションズ」

[投稿日 ]

何が正解か?生き残るため、自分の頭で最善を探す不安感が恐怖に繋がる「SKYHILL」

[投稿日 ]

子どもの頃の夜の怖さを思い出させるナンバリング最終作!「Five Nights at Freddy's 4」

[投稿日 ]

ピザ屋は潰れた!今度はホラーアトラクションの警備に挑戦だ!「Five Nights at Freddy's3」

[投稿日 ]

「Five Nights At Freddy’s」がVRへ! 「Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted」が発表

[投稿日 ]

廃墟となった療養所で一人称視点で追いかけまわされる恐怖!「Lost Within」

[投稿日 ]

オルゴールで緊張感アップ!ピザ屋の夜間警備ゲーム第二作「Five Nights at Freddy's2」

[投稿日 ]

「LINEクリエイターズスタンプ」に「BIOHAZARD RE:2」登場

[投稿日 ]

わかっていてもやっぱりビビる!そして怖い!ピザ屋の夜間警備ゲーム「Five Nights at Freddy's」

[投稿日 ]

セクシー殺人鬼とお近づきになりたい!いや逃げたい!裏腹アンビヴァレンツな良作サバイバルホラー「The Coma: Cutting Class」

[投稿日 ]

死にゆく人をただ見るしかできない傍観者の恐怖!「Alien: Blackout」

[投稿日 ]

孤独と寒さの中静かに迫りくる死の恐怖!「Distrust」

[投稿日 ]

その場所を味わうのが怖い!今振り返る「バイオハザード7 レジデントイービル」の怖さとVRホラー

[投稿日 ]

「バイオハザード RE:2」オリジナル・サウンドトラック配信開始!

[投稿日 ]

行きも怖いし戻るのはさらに怖い!「BIOHAZARD RE:2 Z Version」

[投稿日 ]

全世界累計出荷本数10万本超!「死印」がコミカライズ

[投稿日 ]


上に戻る