ひえんばと妖怪・飛縁魔!作者が解説『封印-時限脱出ホラー-』

[投稿日:

丙午(ひのえうま)年生まれの女性と結婚すると、男性に災いがあるという話をご存知か?

このREIWA=現代ジャパンにおいてこんなことを言ったら、ハイパー差別野郎として四方八方から龍虎乱舞をくらいそうな話だが、これは実際に日本に存在した迷信だ。

そして、『封印-時限脱出ホラー-』のエピソード『ひえんばの赦』に登場した怪異「ひえんば」の元ネタでもある。

「ひえんば」の元ネタは、飛縁魔(ヒノエンマ)」という妖怪。

江戸時代に書かれた『絵本百物語』に登場する妖怪で、名前は仏教から由来している。

飛縁魔-出典元:『桃山人夜話 〜絵本百物語〜 (角川ソフィア文庫) Kindle版』竹原 春泉 (著)

飛ぶ縁の魔というだけあって、縁に災いをもたらす。「飛縁魔」と「縁」を持つ男性…つまり結婚した男性の身も心も滅ぼし、血の一滴まですするというから恐ろしい。

が、そんな怖ろしい性質に反して、外見はパッと見、妖怪には見えない。服装こそ現代のものではないが、容姿はフツーの女性だ。

というか、たとえば『封神演義』に出てきた妲己は「飛縁魔」だという。ってことは、フツーの女性というか、恐らく美女なんだろう。

で、これがどう丙午(ひのえうま)と繋がるかというと、どうも「飛縁魔(ヒノエンマ)」という言葉がなまって、「ひのえうま」と同一視されるようになっていったらしい。

そもそも丙午(ひのえうま)ってのが何かっていうと、十干十二支(じっかんじゅうにし)というもの。

十二支の方は今でもフツーに使っている。要するに干支。イヌ年生まれとか、ウサギ年生まれとかってアレだ。今年はネズミ年ですな。チューチュー!

で、この十二支、十干という概念と組み合わせて使う。

十干ってのは、木火土金水、つまり五行陰陽(兄と弟)に分けたもの。

甲・乙(きのと、きのえ)、丙・丁(ひのえ、ひのと)、戊・己(つちのえ、つちのと)、庚・辛(かのと、かのえ)、壬・癸(みずのえ、みずのと)の十個。だから十干。

これに十二支が組み合わさる…つまり、丙(ひのえ)の午年(うまどし)生まれが、丙午(ひのえうま)。

ほいで、冒頭に戻るわけです。丙午(ひのえうま)年生まれの女性と結婚すると、男性に災いがある。

えっマジで?本当にあるの…かといえば、もちろん、ンなわけない。書いた通り、迷信だから

そもそも「飛縁魔(ヒノエンマ)」がなまって丙午なので、根拠なんてない

というか、そもそものヒノエンマが、基本的には女性へのやっかみだったり、悪女への恐怖が妖怪化したものと考えられる。

要するに、「あんなキレイな人がお金持ちと結婚して!どうせあんな人、飛縁魔(ヒノエンマ)に違いないわ!」みたいな話。

こういう「やっかみ」「妬み」を抱いた時、本来であれば、自分も「自分なりの幸せ」を掴むべく努力する…というのが真っ当なところだろう。

でも人間の心はそんなに上手くできていない。

こういう時人間の心は、現実をねじまげて認識する。心理学で「認知的不協和」と呼ばれる現象だ。

木になっているブドウが手に入らない。だったら手に入るようなんとかするのではなく、「きっとあのブドウは酸っぱい、美味しくない」という風に現実をねじまげる。

なので、キレイな人は「飛縁魔(ヒノエンマ)」、お金持ちと結婚したら「飛縁魔(ヒノエンマ)」、多分きっと、グラビアに掲載されている巨乳のセクシーガールも飛縁魔(ヒノエンマ)だ。

「認知的不協和」が生み出す妖怪は、他にもいる

たとえば人に取り憑く「憑き物」

「狐憑き」とか「狗神憑き」とか「オショボ憑き」とかいろいろあるが、基本的に「憑き物」は成功した人間に対する「やっかみ」「妬み」が作り上げる。

つまり、「あの人が成功したのは、憑き物のパワーを使ったからだ!」というワケ。

伝承上、そして歴史上、繰り返し繰り返しこうした逸話が出てくるところを見ると、きっと、人類と「認知的不協和」は切っても切れない間柄なのだろう。

まさに縁の魔!「飛縁魔(ヒノエンマ)」じゃないか。

そんな「飛縁魔(ヒノエンマ)」が元となっている「ひえんば」は、エピソードの最初から、登場する度に「わたしのせいじゃない、わたしのせいじゃない」と繰り返している。ぜひセリフに注目してみてほしい。

「ひえんばの赦」の舞台となっている家を探すと、館の主の手記には、家になんらかの災いが起きたこと、その災いはひえんばがもたらしただろうことが書かれている。

よく読めばこの「ひえんば」が、主の妻であることも推察できるはずだ。

つまり、館の主は、自分に起きた不運を全部妻=ひえんばのせいにしていた。

だから、ひえんばは「わたしのせいじゃない」といっている。実際、その通りだ。館の主は「認知的不協和」に陥っている。

しかし、ひえんばは自分の罪じゃないにも関わらず、赦しを求めている。これもまた、認知の歪みだ。

認知の歪みに陥った人間が2人いるなら、そこになんらかのトラブル…災いが起こらないわけがない。

そんなことを考えながら作ったのが、「ひえんばの赦」でした。

【封印-時限脱出ホラー-】【脱出ゲーム】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

封印 -時限脱出ホラー-

徐々になくなる制限時間。段々と近づいていくる怪異。
焦燥感の中、恐怖から逃れることができるか…?
ホラー脱出ゲーム。

この記事の関連記事

秒読──『封印 -時限脱出ホラー-』BGMサウンドトラック

[投稿日]

探索──『封印 -時限脱出ホラー-』BGMサウンドトラック

[投稿日]

脱出ゲーム「時限脱出ホラー・封印」リリースから10年

[投稿日]

ひえんばの赦完結編(#3)【封印-時限脱出ホラー-】

[投稿日]

上に戻る