海外メディアに絶賛されたサバイバルホラーを完全日本語化「Remothered: Tormented Fathers(リマザード:トーメンテッド ファーザーズ)」Nintendo Switchで配信決定! | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


海外メディアに絶賛されたサバイバルホラーを完全日本語化「Remothered: Tormented Fathers(リマザード:トーメンテッド ファーザーズ)」Nintendo Switchで配信決定!

[投稿日:

サバイバルホラー「Remothered:Tormented Fathers(リマザード:トーメンテッド ファーザーズ)」が日本語化し、Nintendo Switch向けダウンロードソフトとして2019年内に配信される。

本作は、Darril Arts(Chris Darril)が監修し、Stormind Gamesが開発した。

目次

「Remothered:Tormented Fathers」とは?

image

「純粋な恐怖体験」と「現実的な謎解き」をコンセプトにしたサバイバルホラー。

一般的なゲームにある体力ゲージや経験値はなく、一気に形勢を逆転するような魔法アイテムもない。

周囲の音に耳を澄ませ、屋敷の構造や道具を活用しつつ捜索を続け、隠された真実を解き明かす。

没入感たっぷりの革新的な体験により、かつてない恐怖・緊張感を味わうことができる。

また、驚きの展開を見せるストーリーは、優れた映画のような体験をもたらす。

サウンドトラックは、ファイナルファンタジー、ヘイロー、メタルギアソリッドに携わった戸田信子氏と、Mine、Watch Them Fallなど数々の映画音楽に携わったLuca Balboni氏が担当。

本作は、海外ゲームメディアから高い評価を受けており、サバイバルホラーファンにおすすめのゲームに仕上がっている。

なお、公式サイトにて「Remothered:Tormented Fathers」の情報が公開されている。

公式サイト

https://dico-games.com/

「Remothered:Tormented Fathers」ストーリー概要

主人公ローズマリー・リードは、奇妙な病に侵されたフェルトン博士を訪問。

「何かがおかしい…」と感じたローズマリーは、フェルトン博士の目を盗み、屋敷内部を捜索するうちに、信じられない光景を目の当たりにする。

隠された真実に迫り、恐怖から逃れることはできるのか…。

image

image

image

商品概要

タイトル

Remothered:Tormented Fathers(リマザード:トーメンテッド ファーザーズ)

発売元

DICO株式会社

発売日

2019年内

ジャンル

サバイバルホラー

プレイ人数

1人

価格

未定

対応機種

Nintendo SwitchTM

CEROレーティング

D(17歳以上対象)

権利表記:

(C)Darril Arts (C)Stormind Games (C)DICO Co., Ltd.

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【Remothered: Tormented Fathers】

この記事の関連記事


上に戻る