敵の位置を把握できることで掻き立てられる恐怖!鬼ごっこ系サバイバルホラー「ルーンの瞳」 | Wuah!-[ワー!]-ホラーゲームメディア


敵の位置を把握できることで掻き立てられる恐怖!鬼ごっこ系サバイバルホラー「ルーンの瞳」

[投稿日:

鬼ごっこ的なゲームで、一番怖いのは、実は中途半端に敵の位置がわかる時なんじゃないかと思う。

その点、今回紹介する「ルーンの瞳」は見せ方が上手い。

目次

ココがWuah!「ルーンの瞳」の魅力は、敵の位置が見える怖さ

image

「ルーンの瞳」は、襲い来る敵から逃げつつ館から脱出するサバイバルホラーアドベンチャー。

ひとことで言えば「Granny」系のゲームだ。

なので、プレイヤーができることは逃げることと隠れることだけ…と見せかけてそうではない

タイトルにもある通り、「瞳」がキーになっているのだ。

image

瞳の力を使うことで、敵の位置を把握することができる。

ただし、3Dマップ上で敵の見ている風景が把握できるという形なので、マップが頭に入っていなければ相対的な位置はわからない。

また、瞳の力は回数制限があるため、いつでもどこでもガンガン使えるわけじゃない。

この不自由さが怖さを引き立てている。

image

位置を把握できない場合、とりあえず探索を行うしかないが、なまじっか敵の位置を把握できてしまうため、そろそろこちらに来るんじゃないか?と不安になってしまう。

敵の迫る情景が見えることで、探索する時のびくびく感が増幅されるのだ!

image

ちなみに、敵は複数のタイプが用意されており、最初に登場するのはろくろ首のような姿のクリーチャー。

なかなかおぞましい姿で、位置を把握してようがしていましが、出会った時になかなかの衝撃を与えてくれる。

プレイを重ねることでクリーチャーがアンロックされていくのでやり込み甲斐もあり、満足度の高い作品だ。

基本情報

タイトル

ルーンの瞳ーホラーゲーム

デベロッパー

Paulina Pabis & Michal Pabis

配信会社

Paulina Pabis & Michal Pabis

対応ハード

iOS/Android

価格

iOS

無料

Android

無料

SNSでシェア

執筆者プロフィール

田中一広

ホラーに特化してゲームを作るインディゲームクリエイター。妖怪博士。

インディゲームデベロッパー株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

ホラーゲームをこよなく愛する妖怪博士であり、元バーテンダー、専門学校講師といった異色の経歴を持つ。

ゲーム制作以外にも、ゲームメディアでライターとして定期的に執筆。

ホラーゲームメディアWuah!、ホラーゲームサイトWuah!Games運営中。

Twitterアカウント

@Kazhiro

この記事についたタグ

【ルーンの瞳】 【サバイバルホラー】

この記事の関連記事

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日 ]

物音をたてたら確実に現れる!ババアの恐怖に怯えながら探索する「Granny」

[投稿日 ]

スマホ最恐認定!超スピードで迫りくるクリーチャーから逃げつつ探索するサバイバルホラー「Halls Of Madness」

[投稿日 ]

人類は終わろうとしているのか?これからなのか?ゾンビと共に日々を生活するサバイバルアクション「ライフアフター」

[投稿日 ]

閉鎖された豪華客船に現れる水棲クリーチャーの恐怖を描いた屈指の傑作!「バイオハザード リベレーションズ」

[投稿日 ]

何が正解か?生き残るため、自分の頭で最善を探す不安感が恐怖に繋がる「SKYHILL」

[投稿日 ]

子どもの頃の夜の怖さを思い出させるナンバリング最終作!「Five Nights at Freddy's 4」

[投稿日 ]

ピザ屋は潰れた!今度はホラーアトラクションの警備に挑戦だ!「Five Nights at Freddy's3」

[投稿日 ]

「Five Nights At Freddy’s」がVRへ! 「Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted」が発表

[投稿日 ]

廃墟となった療養所で一人称視点で追いかけまわされる恐怖!「Lost Within」

[投稿日 ]

オルゴールで緊張感アップ!ピザ屋の夜間警備ゲーム第二作「Five Nights at Freddy's2」

[投稿日 ]

「LINEクリエイターズスタンプ」に「BIOHAZARD RE:2」登場

[投稿日 ]

わかっていてもやっぱりビビる!そして怖い!ピザ屋の夜間警備ゲーム「Five Nights at Freddy's」

[投稿日 ]

セクシー殺人鬼とお近づきになりたい!いや逃げたい!裏腹アンビヴァレンツな良作サバイバルホラー「The Coma: Cutting Class」

[投稿日 ]

死にゆく人をただ見るしかできない傍観者の恐怖!「Alien: Blackout」

[投稿日 ]

孤独と寒さの中静かに迫りくる死の恐怖!「Distrust」

[投稿日 ]

その場所を味わうのが怖い!今振り返る「バイオハザード7 レジデントイービル」の怖さとVRホラー

[投稿日 ]

「バイオハザード RE:2」オリジナル・サウンドトラック配信開始!

[投稿日 ]

行きも怖いし戻るのはさらに怖い!「BIOHAZARD RE:2 Z Version」

[投稿日 ]

全世界累計出荷本数10万本超!「死印」がコミカライズ

[投稿日 ]


上に戻る