敵の位置を把握できることで掻き立てられる恐怖!鬼ごっこ系サバイバルホラー「ルーンの瞳」

[投稿日:

鬼ごっこ的なゲームで、一番怖いのは、実は中途半端に敵の位置がわかる時なんじゃないかと思う。

その点、今回紹介する「ルーンの瞳」は見せ方が上手い。

ココがWuah!「ルーンの瞳」の魅力は、敵の位置が見える怖さ

「ルーンの瞳」は、襲い来る敵から逃げつつ館から脱出するサバイバルホラーアドベンチャー。

ひとことで言えば「Granny」系のゲームだ。

なので、プレイヤーができることは逃げることと隠れることだけ…と見せかけてそうではない

タイトルにもある通り、「瞳」がキーになっているのだ。

瞳の力を使うことで、敵の位置を把握することができる。

ただし、3Dマップ上で敵の見ている風景が把握できるという形なので、マップが頭に入っていなければ相対的な位置はわからない。

また、瞳の力は回数制限があるため、いつでもどこでもガンガン使えるわけじゃない。

この不自由さが怖さを引き立てている。

位置を把握できない場合、とりあえず探索を行うしかないが、なまじっか敵の位置を把握できてしまうため、そろそろこちらに来るんじゃないか?と不安になってしまう。

敵の迫る情景が見えることで、探索する時のびくびく感が増幅されるのだ!

ちなみに、敵は複数のタイプが用意されており、最初に登場するのはろくろ首のような姿のクリーチャー。

なかなかおぞましい姿で、位置を把握してようがしていましが、出会った時になかなかの衝撃を与えてくれる。

プレイを重ねることでクリーチャーがアンロックされていくのでやり込み甲斐もあり、満足度の高い作品だ。

基本情報

タイトル

ルーンの瞳ーホラーゲーム

デベロッパー

Paulina Pabis & Michal Pabis

配信会社

Paulina Pabis & Michal Pabis

対応ハード

iOS/Android

価格

iOS

無料

Android

無料

【ルーンの瞳】【サバイバルホラー】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

ゲームレビュー

エッジの鋭いホラーゲームをオススメするゲームレビュー。


この記事の関連記事

トガるとはこういうこと!昭和ジャパンでテキサス出身アメリカンヤクザが鬼や侍に変身して大暴れ!『COWBOY YAKUZA』

[投稿日]

現実と幻を行き来する不安感!有料化も頷ける充実のシリーズ最新作!『Forgotten Hill Disillusion』

[投稿日]

待ち受けるのは敵かアイテムか?未知の空間を探索する怖面白さが魅力のローグライク全方位シューター「Ailment」

[投稿日]

天使×悪魔!最強の二人が敵を倒しまくるロックンロールな爽快バイオレンスアクション「GodsTrigger」

[投稿日]

上に戻る