吸血鬼

[投稿日:

人の血を吸うことで不死の体を持つ存在のこと。

狼男フランケンシュタインの怪物と並び、ゴシックホラーのクリーチャーとして有名。

作品として友舞なのは、ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』やシェリダン・レ・ファーニュの『カーミラ』など。

吸血鬼のイメージとして典型的なのは、吸血コウモリが擬人化したような姿。

吸血という共通点から吸血コウモリがイメージされやすいのかもしれないが、ネズミをモチーフにしたイメージや、ゾンビに近いものなどのバリエーションも存在している。

霧やコウモリ、オオカミなどの動物に変身。さらには、魔力を使って雷や炎、嵐を発生させたり、人を魅了するなど、不死であるほかにも様々な能力を持っているとされることが多い。

一方で弱点も多く、日光を浴びる、首を体と切り離す、杭を心臓に打ち込む、十字架を目にする、ニンニクのにおいを嗅ぐ…などが存在している。

ゲームキャラクターとして有名なのは、そのものズバリ、『悪魔城ドラキュラ』のドラキュラだろう。

また、格闘ゲームでもそのものズバリ、『ヴァンパイア』が存在。

小説や映画、コミックのみならず、あらゆるジャンルで創作の題材にしやすいキャラクターといえる。

不死や血を吸うという要素は、それだけ我々人間の恐れや憧れといえるのだろう。

【インディゲーム】【ホラー】【用語集】

この記事の作者

田中一広

ホラーゲーム作家。企画・シナリオ・グラフィック・楽曲・プログラムまでトータルでゲームを作る一方、ライターや講師としてゲームを伝える。もちろんゲーマーとして遊びもする人生ゲーム漬け野郎。妖怪博士。株式会社Wuah!地獄の代表取締役。

この記事が含まれるコーナー

Wuah!ファイル

インディゲームやホラーの用語を解説!


この記事の関連記事

ゲームブック

[投稿日]

人狼ゲーム

[投稿日]

狼男

[投稿日]

フランケンシュタイン

[投稿日]

上に戻る